閉じる
  1. 社員研修を改革しよう
  2. 内部が不透明な企業は成長しない
  3. なぜ、今「セルフ・リーダーシップ」が求められているのか
  4. 正社員転換制度における課題(第1回)
  5. 非正規社員の教育がカギを握る
閉じる
閉じる
  1. 会議を効率化させる5つのポイント
  2. 「人工知能がヒトの仕事を奪う」という妄想と人材育成について
  3. あなたもパワハラ上司予備軍に?!職場に潜む危険因子とは?
  4. みんな意外と知らない起業のリスク。それは「孤独」ということ
  5. ロジカルシンキングの基本
  6. あなたの職場は本当に大丈夫?もし明日地震が来た時の対策!
  7. 社員の健康管理できていますか。
  8. 中途採用でもポテンシャル採用が広がっている!
  9. 人材育成に行き詰まった時に、参考にしたい本5選
  10. 上司が部下に行うマネジメントで注意したい8つのこと
閉じる

人財ラボ

一流の褒め方はココが違う

職場において、部下に気持ち良く仕事に取り組んでもらうためには上司が‘褒める’ことが大切です。しかし、いくら褒めても真意が部下に伝わらないのなら褒めなかったのと同じです。そこで、部下の心に響く褒め方を考えてみましょう。

相手の身になって考える

いくら仕事に対して褒めると言っても、どういう褒められ方をすると喜ぶかは人によって異なります。例えば「仕事は‘数字’だ!」と考える部下には「結果を出した」という点について褒めるべきですし、逆に「いや、途中過程こそが大切です」という社員には「頑張ったこと」そのものを褒めてあげるべきでしょう。

褒められて喜ぶのは相手ですから、相手の性格や考え方を重視して褒めるべきです。ときどき自分の価値観をもとに褒める人がいますが、考え方が似ている部下にはそれで良くても、タイプの異なる人には喜んでもらえません。‘相手第一’の考え方が大切です。

「何が良かったのか」を具体的に

部下も褒められただけで喜ぶほど単純ではありません。子どもではないのですから、感情で褒めると「一体どの部分を評価してくれたの!?」となってしまいます。具体的に仕事のどの部分が良かったのかを明確に伝えることが大事です。例えば、「プレゼンテーションの○○の所が良かった」「営業トークで△△と言ったところが相手に響いたんじゃないかな」という風に伝えると良いでしょう。

そうすることで部下も「こうやって仕事をすれば上手くいく」というのを分かってくれます。これはスキルアップにもつながりますので、ぜひ実践してもらいたいですね。

褒める際のコツをつかむ

最後に部下の心に響くような褒め方のコツについてお話します。まず、褒める時は人前で思いっきり褒めましょう。人間には‘承認欲求’というものがあります。周りの人に認められることでプライドがくすぶられ、やる気を出すのが‘人’です。ですから、人前で認められるのは本人にとって大きなプラスになります。また、自分のしてきたことが正しかったと再確認も出来ます。

そして、何も直接褒めることが全てではありません。周りの人に「あの人は頑張っている」と言うと、そのうち本人に‘噂’として入ってきます。これも褒められた側からすれば非常に嬉しいことなのです。何気なく言っているわけですから、紛れもなく本心です。上司と部下の絆もさらに深まることでしょう。

まとめ

「人は褒めることで伸びる」と言われますが、褒め方を間違っては何にもなりません。いかにして効果的に褒めるかが大切なのです。部下のやる気を引き出すためにも‘一流’の褒め方を身に付けましょう。

 

実質無料で出来る人財育成はこちら
https://www.jp-alphanet.com/service

 

関連記事

  1. 会社に必要な‘盛り上げ役’

  2. 社内でも社外でも通用する人材…今どきの会社が抱えるジレンマ

  3. 社員のやる気を引き出すには、結局この3つの方法が効果的

  4. 若手社員は思っている『あんな上司はイヤだ!』

  5. なぜ海外の労働者はストレスを感じにくいのか

  6. 年上の部下とうまく付き合うには

おすすめ記事

  1. 正社員転換制度における課題(第1回)
  2. 非正規社員の教育がカギを握る
  3. なぜ、今「セルフ・リーダーシップ」が求められているのか
  4. 社員研修を改革しよう
  5. 内部が不透明な企業は成長しない

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る