閉じる
  1. 内部が不透明な企業は成長しない
  2. 社員研修を改革しよう
  3. 非正規社員の教育がカギを握る
  4. なぜ、今「セルフ・リーダーシップ」が求められているのか
  5. 正社員転換制度における課題(第1回)
閉じる
閉じる
  1. 会議を効率化させる5つのポイント
  2. 「人工知能がヒトの仕事を奪う」という妄想と人材育成について
  3. あなたもパワハラ上司予備軍に?!職場に潜む危険因子とは?
  4. みんな意外と知らない起業のリスク。それは「孤独」ということ
  5. ロジカルシンキングの基本
  6. あなたの職場は本当に大丈夫?もし明日地震が来た時の対策!
  7. 社員の健康管理できていますか。
  8. 中途採用でもポテンシャル採用が広がっている!
  9. 人材育成に行き詰まった時に、参考にしたい本5選
  10. 上司が部下に行うマネジメントで注意したい8つのこと
閉じる

人財ラボ

オーナーが今一番聞きたい。新人美容師の育成法

『今どきの若いモンは…』と言う言葉は遠い遠い昔から存在します。未来永劫無くならない言葉かもしれませんね。だからと言ってそのままスルーすることもできず、何とかその「今どきの若いモン」を育て上げなければなりません。この悩みは、大手企業だろうが中小企業だろうが美容室の経営者だろうが、同じようにあるようです。では、どう育成すればいいのでしょうか?

山本五十六に学べ

山本五十六は、「近頃の若い者はと言う言葉は使うな。我々もかつてはそう言われてきたはずだ。近頃の若者が『何をしたのか』ではなく『何ができるのか』という可能性をさがしてやれ」と言っています。そして、こんな言葉も残しています。

「やってみせ、言って聞かせて、させてみせ、褒めてやらねば、人は動かじ」

どうでしょう、現代の若者の育成にも当てはまる言葉だと思いませんか?

「させられる」から「やる」への意識改革

これは美容師に限らず大部分の企業が行うべきことですが、まず「意識改革」をやるという事です。社会人を経験して美容師になった人以外は、たいてい高校から美容学校を経て美容師になる人が多いはずです。はっきり言ってまだ学生気分が残っています。『鉄は熱いうちに打て』ではないですが、新人研修を行う際はまず、自分が『学生から社会人になり、消費者から生産者になる』という意識を持たせることが重要です。これが出来なければ、自分から学ぼうという姿勢が希薄で、ただ「言われたから」「みんながやっているから」と、責任逃避をしてしまいます。

経営者自らが見本となり、先導する

先の五十六の文言通り「やってみせ」から始めてみてはどうでしょうか。やってみせるのは「礼儀作法」からです。子供じゃないんだから…と思われるかもしれませんが、例えばあいさつ一つにしても、できない人はおそらく何をやってもできない人です。それは、先輩に対してだけでなく、同僚に対してもそうです。中には経営者が新人にあいさつしないこともあると聞きます。そのような美容院で優秀な新人が育つはずがありませんよね。

経営者自らが見本を見せ、それを説明し、やらせる。それが出来なければ最初からやってみせる、出来れば褒める。これを繰り返しながら新人スタッフを育成できれば、優秀な人材が育つと思いませんか?

まとめ

人材育成はどの分野でも悩ましい問題です。美容業界でも例外ではなく、「今どきの若モン」に四苦八苦しているところがあるようです。育てるためには自らがお手本となり、引っ張っていく事が重要なことかもしれませんね。大企業と違って、経営者から直に教育を受けられることは、新人にとって大いに刺激になると思います。

 

実質無料で出来る人財育成はこちら
https://www.jp-alphanet.com/service

 

関連記事

  1. 同期の再会が一つのキッカケに

  2. 富士ゼロックスの人材育成はココが違う!

  3. 新任マネージャーが挫折しないためには

  4. グローバル社会に対応する人材を育成する

  5. 新入社員の育成は現場に放り込めば済むというものではない

  6. 人事評価制度は賃金を決めるためだけにあるのではない

おすすめ記事

  1. 正社員転換制度における課題(第1回)
  2. 非正規社員の教育がカギを握る
  3. なぜ、今「セルフ・リーダーシップ」が求められているのか
  4. 社員研修を改革しよう
  5. 内部が不透明な企業は成長しない

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る