閉じる
  1. 社員研修を改革しよう
  2. 正社員転換制度における課題(第1回)
  3. 非正規社員の教育がカギを握る
  4. なぜ、今「セルフ・リーダーシップ」が求められているのか
  5. 内部が不透明な企業は成長しない
閉じる
閉じる
  1. 会議を効率化させる5つのポイント
  2. 「人工知能がヒトの仕事を奪う」という妄想と人材育成について
  3. あなたもパワハラ上司予備軍に?!職場に潜む危険因子とは?
  4. みんな意外と知らない起業のリスク。それは「孤独」ということ
  5. ロジカルシンキングの基本
  6. あなたの職場は本当に大丈夫?もし明日地震が来た時の対策!
  7. 社員の健康管理できていますか。
  8. 中途採用でもポテンシャル採用が広がっている!
  9. 人材育成に行き詰まった時に、参考にしたい本5選
  10. 上司が部下に行うマネジメントで注意したい8つのこと
閉じる

人財ラボ

美容師に人気の店舗は?

一昔は苦労しなくても美容師を目指す人が多く、有名店などには仕事内容に憧れて沢山の人材が自然と集まっていました。現在の若者は美容師を目指す人も減り、女性に限ってはネイル・マツエクなどの選択肢も増え、人材の奪い合いとなっています。若者の雇用を確保するにはどうしたらいいでしょうか。人材の集まる求人内容について、ピックアップしてみます。

8時間労働の完全週休2日制

今までの美容院は遅くまで働いて、休みもなかなか取れないイメージでしたが、最近では珍しく8時間労働・完全週休2日制に取り組むサロンが多くなってきています。8時間を超過すると、しっかりと残業代も支払われます。労働基準法では当たり前なので、今までが違法労働だったのですが、まだ違反している美容院も多いですね。

お休みも今までは月6回位でしたが、プライベート重視の若者たちが増えているので、時代の変化とともに完全週休2日制が求められています。第一線の美容師から見ると、とんでもない話なんですが。

平均の退社時間は

また、昨今見受けられるのが、閉店時間を早めて19時台から帰れる美容院もあります。人材を集めようと思っても、帰宅時間の遅いのは当たり前の業界だったので、嫌がる若者たちが増えて難しい問題となっていました。朝は早くから準備、夜は片付けの後ミーティングと、仕事に対してほぼ一日を費やしていましたので敬遠されがちだったのですが、問題に対応していかないと人材難に陥ることになります。ということで、平均退社時間が早くなった美容院というものの需要が増えました。

社会保険完備・未経験でも高額給与スタートOK

親や教師などから将来の不安について声が上がり、内容が良く分からなくても社会保険の完備されている美容院を探す若者も多いです。むしろこの社会保険完備というのは’必須項目’と言われるほどです。そして、高額の給与支給をうたっている美容院も。18万円いきなりスタートという例も出てきています。美容学校を卒業して何もできない状態でも、レベルに関係なく、昔のスタイリスト並みに給与が支給されるのですから、このようなシステムをとっているサロンは実際に多くの人材を集めています。

まとめ

昔からあるブラックな美容院では、今はもう通用しなくなってきています。人材確保をしようと思ったら、体制の改善をしていかないとすぐに辞められてしまうことになります。30代以上の人が聞けば理解不能なのですが、今の若者たちは仕事よりプライベートが優先なので、いかにプライベートを充実させてあげて仕事をがんばってもらうかを考えなくてはいけない時代です。そのためにも、上記のような条件で待遇を良くして、安定した職業であることをアピールしないといけないということですね。

 

経営者必見の助成金情報はこちら
https://www.jp-alphanet.com/service

関連記事

  1. 孫正義はどんな教育を受けてきたのか

  2. 「改革」時代の到来

  3. 21世紀を駆け抜ける企業作りを

  4. みんな意外と知らない起業のリスク。それは「孤独」ということ

  5. 「健康経営」で元気になろう!

  6. 厳しい時代を乗り越える強い組織の作り方

おすすめ記事

  1. 正社員転換制度における課題(第1回)
  2. 非正規社員の教育がカギを握る
  3. なぜ、今「セルフ・リーダーシップ」が求められているのか
  4. 社員研修を改革しよう
  5. 内部が不透明な企業は成長しない

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る