閉じる
  1. なぜ、今「セルフ・リーダーシップ」が求められているのか
  2. 正社員転換制度における課題(第1回)
  3. 内部が不透明な企業は成長しない
  4. 社員研修を改革しよう
  5. 非正規社員の教育がカギを握る
閉じる
閉じる
  1. 会議を効率化させる5つのポイント
  2. 「人工知能がヒトの仕事を奪う」という妄想と人材育成について
  3. あなたもパワハラ上司予備軍に?!職場に潜む危険因子とは?
  4. みんな意外と知らない起業のリスク。それは「孤独」ということ
  5. ロジカルシンキングの基本
  6. あなたの職場は本当に大丈夫?もし明日地震が来た時の対策!
  7. 社員の健康管理できていますか。
  8. 中途採用でもポテンシャル採用が広がっている!
  9. 人材育成に行き詰まった時に、参考にしたい本5選
  10. 上司が部下に行うマネジメントで注意したい8つのこと
閉じる

人財ラボ

気持ちを落ち着かせることで就労意欲を上げる

就労意欲を上げる方法/行動だけで意義を制御する。

仕事や日常生活において、意欲が湧かない時は誰にでもあるでしょう。そんな時に「誰もがやる気になれるいい方法があれば教えてほしい」とか「気持ちを落ち着かせる方法があれば教えてほしい」などと思いますよね。

そんな時に感情を制御し、就労意欲を上げることができる方法があります。この方法を知っておくだけで困難に陥った時などに対応できますし、早期解決に結び付きます。

■感情を前面に出すと逆効果?

気分が乗らないときに「よし頑張ろう」と口に出しても気持ちの制御は難しく、すぐに行き詰ってしまいます。無理やり気持ちの修正をしてもかえって逆効果になることが多いようです。やる気になれないのは何か原因があるわけですから、その原因を突き止め解決してから取り組むべきです。

■就労意欲を上げる最も良い方法

やる気をアップさせる方法は何なのか。それはズバリ「とりあえず仕事に取り組むこと」です。「どういうことだ?」と思われるかもしれませんが、仕事を始めるとそのうちにだんだんと意欲が沸いてくるものなのです。ただし最初からゴールを目指すのではなく、目の前の仕事を片付ける、という感じで十分です。大事なのは頭で考えるのではなく行動に移すことです。そうすることで新たな道が開き、次へとつながります。

もし自分で意欲を高めるのが難しい場合はどうすればいいのでしょうか。誰しも「あの人に相談してみたい」と思う人物が必ず一人や二人は周りにいるはずです。行き詰っている時こそ、そういう人に仕事上の悩みを相談することで自身の気持ちにも余裕が生まれ、就労意欲も湧いてくるでしょう。

■まとめ

意欲が出ないからといって焦る必要はありません。一つ一つ問題を解決していくことで整然とがんばろうという気持ちになり、就労意欲も湧いてくるでしょう。

モチベーションを上げることに重点を置きがちですがですが、肩の力を抜き自然体で構えるくらいが丁度よく、いい結果が得られるのです。

 

自立した社員を育てる仕組みはこちら
https://www.jp-alphanet.com/service

関連記事

  1. 「成長」について考える

  2. 現状によって変わるリーダーシップのスタイル

  3. 企業におけるリーダーのスタンス、評価と人材育成について

  4. 部長と課長、その根本的な違い

  5. 管理者教育で古い殻を破ろう!

  6. 管理者は教育で新鮮な思考を持つ

おすすめ記事

  1. 正社員転換制度における課題(第1回)
  2. 非正規社員の教育がカギを握る
  3. なぜ、今「セルフ・リーダーシップ」が求められているのか
  4. 社員研修を改革しよう
  5. 内部が不透明な企業は成長しない

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る