閉じる
  1. 正社員転換制度における課題(第1回)
  2. 社員研修を改革しよう
  3. 非正規社員の教育がカギを握る
  4. なぜ、今「セルフ・リーダーシップ」が求められているのか
  5. 内部が不透明な企業は成長しない
閉じる
閉じる
  1. 会議を効率化させる5つのポイント
  2. 「人工知能がヒトの仕事を奪う」という妄想と人材育成について
  3. あなたもパワハラ上司予備軍に?!職場に潜む危険因子とは?
  4. みんな意外と知らない起業のリスク。それは「孤独」ということ
  5. ロジカルシンキングの基本
  6. あなたの職場は本当に大丈夫?もし明日地震が来た時の対策!
  7. 社員の健康管理できていますか。
  8. 中途採用でもポテンシャル採用が広がっている!
  9. 人材育成に行き詰まった時に、参考にしたい本5選
  10. 上司が部下に行うマネジメントで注意したい8つのこと
閉じる

人財ラボ

社内でも社外でも通用する人材…今どきの会社が抱えるジレンマ

実力をつけた人が会社を辞めてしまう…。

近年の市場を取り巻く環境は大きく変化し、社員も会社内だけでなく社外でも能力を発揮することが求められています。会社もそのための教育に投資していることでしょう。

しかし、ここで大きな問題が発生します。せっかく外でも通用する人材に育てたのに、その途端に転職してしまうケースが後を絶たないのです。これでは会社にメリットがありませんし、新戦力を慌てて補充しなければなりません。これでは投資・労力が無駄に終わってしまいます。

中小企業もこのような理由で技術や将来が有望な人材が流出し続けています。これでは会社の成長が見込めず、ただでさえ苦しい中小企業はますます業績が悪化するでしょう。

人材の流出を防ぐには

これを食い止めるには自社を魅力的な会社にするしかありません。つまり、「転職したい」と思わせないような会社づくりをする必要があるのです。その上で外部にも通用するように育てるわけですから、ジレンマを抱えている経営者も多いでしょう。あくまでもメインは自社内で活躍することで、そこで培われた能力を外部で発揮するのが良いのではないでしょうか。

まとめ

これまでは優秀な人材が一部の大企業に集約し、とどまり続けてきましたが今の時代は違います。油断しているとすぐに良き人材が失われます。そうならないよう自社のブランド力を高める必要があります。これが上で述べたジレンマを解消する方法と言えるでしょう。

 

実質無料で出来る人財育成はこちら
https://www.jp-alphanet.com/service

 

関連記事

  1. 社員の定着こそ低コスト!

  2. 若手社員は思っている『あんな上司はイヤだ!』

  3. 女性の仕事への不満

  4. 明るい職場づくりを

  5. 女性の活躍を促す方法とは?

  6. 職場でのストレスを減らすためには

おすすめ記事

  1. 正社員転換制度における課題(第1回)
  2. 非正規社員の教育がカギを握る
  3. なぜ、今「セルフ・リーダーシップ」が求められているのか
  4. 社員研修を改革しよう
  5. 内部が不透明な企業は成長しない

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る