閉じる
  1. 非正規社員の教育がカギを握る
  2. 正社員転換制度における課題(第1回)
  3. 内部が不透明な企業は成長しない
  4. 社員研修を改革しよう
  5. なぜ、今「セルフ・リーダーシップ」が求められているのか
閉じる
閉じる
  1. OJTとOFF-JTを組み合わせて人材を育成しよう
  2. 出産を機に仕事を辞めると生涯年収は大きく変わる
  3. コミュニケーションで大事なこと
  4. 組織にネットワークの力を!!
  5. 今までのOJTを改善して、高いレベルの人材を育成しよう
  6. 部下のやる気を上げるためにはどうすべきなのか
  7. 人事評価を有効なものにするためには
  8. それぞれの立場に合わせた社員研修とは
  9. OJTとOffjtを効果的に活用しよう
  10. 褒めて部下を成長させるコツ
閉じる

人財ラボ

日報が重要な役割を果たす

日頃の業務の中でなかなか解決されず“放置”されている問題があると思います。手を付けなければいけないことは分かっていても、ついつい後回しになってしまいますよね。それを解決するのが日報なのです。日報を活用することで山積している問題が次々と片付いていきます。

ですが、活用の仕方が分かっていないと役に立ちません。今回は日報の上手な活用法を見ていきます。

1、事業の状態を日報でチェック

まずは事業の進み具合を日報から把握するというものです。日報には各社員の報告や感想が書かれていますが、毎日同じことが書かれていることなんてありません。特に感想は仕事の状況によって変わり、問題点が見つかった時は「上手くいかなかった」などと書かれていることが多いです。そういった「声」を吸い上げ、上司の方が問題点の解決方法を考えていくのです。

面倒くさいから「ただ何となく」読んでいる人がいるかもしれません。しかし、それが社員の「メッセージ」を見逃していることになるのです。「日報から事業の状態を把握する」というクセをつけましょう。

2、日報そのものがコミュニケーションの手段となる

日報は部下が書いてそれを上司がチェックするものです。ということは、その時点でコミュニケーションが成立しているのです。あとはそれを発展させることが重要なのです。

具体的には送られた日報に対し積極的にアドバイスをしていきます。ただし「上から目線」で見るのは避けた方が良いでしょう。時には厳しくした方が良い場合がありますが、部下が受け入れやすいよう優しめにアドバイスを送ってあげましょう。

また、問題点が出てきたときは部下自身に考えさせることも大切です。答えをすべて教えてしまうと自分で解決する能力が身に付かなくなり、部下の成長を阻害してしまいます。最低限のヒントを与え、解決方法を「宿題」として考えてきてもらうのも良いでしょう。

まとめ

時代の流れが速くなり、新しいものが次々と生み出されていくなかで企業も“スピード”が求められます。日々山積みになっている問題もできるだけ早く解決しなければいけません。そのためにも日報を上手く活用することが大切です。

 

自立した社員を育てる仕組みはこちら
https://www.jp-alphanet.com/service

関連記事

  1. 上司などの管理者は、本当は部下が成長することを願っている

  2. 強力な組織づくりのためにどのような人材育成をすればいいのか?

  3. ‘楽’こそ仕事の本質

  4. 教えて!『マネジメント能力』とは何?

  5. 環境の変化における組織改革

  6. 新任管理職が心構えるべき3つのポイント

おすすめ記事

  1. 正社員転換制度における課題(第1回)
  2. 非正規社員の教育がカギを握る
  3. なぜ、今「セルフ・リーダーシップ」が求められているのか
  4. 社員研修を改革しよう
  5. 内部が不透明な企業は成長しない

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る