閉じる
  1. 非正規社員の教育がカギを握る
  2. 社員研修を改革しよう
  3. 内部が不透明な企業は成長しない
  4. 正社員転換制度における課題(第1回)
  5. なぜ、今「セルフ・リーダーシップ」が求められているのか
閉じる
閉じる
  1. 会議を効率化させる5つのポイント
  2. 「人工知能がヒトの仕事を奪う」という妄想と人材育成について
  3. あなたもパワハラ上司予備軍に?!職場に潜む危険因子とは?
  4. みんな意外と知らない起業のリスク。それは「孤独」ということ
  5. ロジカルシンキングの基本
  6. あなたの職場は本当に大丈夫?もし明日地震が来た時の対策!
  7. 社員の健康管理できていますか。
  8. 中途採用でもポテンシャル採用が広がっている!
  9. 人材育成に行き詰まった時に、参考にしたい本5選
  10. 上司が部下に行うマネジメントで注意したい8つのこと
閉じる

人財ラボ

若手社員とのコミュニケーションは取れていますか?

日頃の職場で「世代間のギャップ」を感じることはありませんか?「最近の若いモンは全然分かってくれない」と嘆く上司の方は多いと思います。しかし上司のオジサマ方も、もっと若者に歩み寄ってもよいのではないでしょうか?

言葉で伝えなければ分らない

上司の方も忙しいので、若手社員に何かをして欲しくても「口で言わなくても分るだろう」と、ついつい言葉で伝えるのを省略してしまいます。何も言わなくても自分の要望を感じ取って欲しいのでしょう。

しかし、当の若手はと言うと「上司が指示をしてくれなくて困っている」「あまり話しかけてくれないので嫌われているのかな」などといった不満を抱いています。やはり言葉で直接伝えないとこういったギャップが生まれるのです。

信頼関係を築き上げることが大事

これから何年も一緒に仕事をするわけですから、信頼関係はとても大切になってきます。だからこそ上司の方は若手の部下に積極的に語りかけることをお勧めします。体調のことや仕事が進んでいるかなど、なるべく簡単な内容を質問すると相手も答えようとします。また入社したての頃は、仕事の進め方や会社の方針などを教え込む必要があります。多少「うっとうしいな」と思われても構いません。親身になって言い続けているうちに部下もいつか分かってくれるはずです。

ただし、ただ単に自分の意見を押し付けたり、くどくどと言うような「めんどくさいオヤジ」にはならないように気をつけましょう。

まとめ

「言葉で伝えるのは大切だ」ということは誰でもわかると思います。しかし、言葉を省略するのもよくあることです。日頃から意識して言葉で伝えるよう心がけましょう。

 

自立した社員を育てる仕組みはこちら
https://www.jp-alphanet.com/service

 

関連記事

  1. 意識を逆にしてやる気を保つノルマより達成感を大切にしよう

  2. 部下を育成する時の4つのポイント

  3. 組織をまとめる方法とは 上司に求められる役割

  4. 新任管理職が心構えるべき3つのポイント

  5. 上司が「言う」だけでは人材は育たない

  6. ‘楽’こそ仕事の本質

おすすめ記事

  1. 正社員転換制度における課題(第1回)
  2. 非正規社員の教育がカギを握る
  3. なぜ、今「セルフ・リーダーシップ」が求められているのか
  4. 社員研修を改革しよう
  5. 内部が不透明な企業は成長しない

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る