閉じる
  1. 非正規社員の教育がカギを握る
  2. 内部が不透明な企業は成長しない
  3. 正社員転換制度における課題(第1回)
  4. 社員研修を改革しよう
  5. なぜ、今「セルフ・リーダーシップ」が求められているのか
閉じる
閉じる
  1. 会議を効率化させる5つのポイント
  2. 「人工知能がヒトの仕事を奪う」という妄想と人材育成について
  3. あなたもパワハラ上司予備軍に?!職場に潜む危険因子とは?
  4. みんな意外と知らない起業のリスク。それは「孤独」ということ
  5. ロジカルシンキングの基本
  6. あなたの職場は本当に大丈夫?もし明日地震が来た時の対策!
  7. 社員の健康管理できていますか。
  8. 中途採用でもポテンシャル採用が広がっている!
  9. 人材育成に行き詰まった時に、参考にしたい本5選
  10. 上司が部下に行うマネジメントで注意したい8つのこと
閉じる

人財ラボ

信用し合う関係を創造し仕事に生かす

苛立ちが管理者にとって致命的な失敗を犯す危険性があります。

従業員を信用できずにすぐに結果を求めてしまう…。そのような経験はありませんか?

指示ひとつをとってみても、あまりにも事細かく余計な神経を使ってはいないでしょうか。

結局のところ、相手への信用が足りていないと言ったことが根底にあるようです。

 

相手を信用し、待ってみる

相手に対し、じっくりと腰を据えて待ってみると言ったことが非常に重要なポイントとなります。

それは、相手の成長を信じていなければできません。

多くの管理職、指導者に必要とされる技術や経験があるのは事実ですが、相手を信用するといった「器の大きさ」といったものが実際の人間関係には最重要の因子の一つとして考えられるでしょう。

最近ではネットショップで購入したものが次の日には届くといったことが当たり前になっています。

ボジョレーヌーボーなどは解禁日その日に届けられる通販のなどもあり、ますます待つといった行動は時間の無駄のように捉えられがちです。

昨日配送した荷物が次の日には届く現代では、すぐに結果を求めてしまうのは仕方がないかもしれません。

しかし、仕事はそうはいきません。自分で作業していればたった数時間で済む仕事が次の日にも持ち越される事もあります。ただの仕事と捉えずに、人材育成の一環として捉えられる度量の大きさがひつようです。

相手が何度も失敗するかもしれません。しかし企業全体としてみれば上司のスタンドプレーよりも後任の育成、企業の存続こそが最優先課題のはずなのです。その認識こそが、管理職には求められています。

まとめ

相手への信用を創造し、じっくり腰を据え待つことが重要です。スタンドプレーに走らず、チームワークを創造することが企業存続のカギとなります。

 

実質無料で出来る人財育成はこちら
https://www.jp-alphanet.com/service

 

関連記事

  1. 上司は部下の親代わり!?

  2. 裁判に勝つ契約書

  3. 処世術次第で「アウェー」が「ホーム」に変わる

  4. 「人工知能がヒトの仕事を奪う」という妄想と人材育成について

  5. どうなる!?日本人の‘働き方’

  6. 思いやりを持つことが報連相をより良くする

おすすめ記事

  1. 正社員転換制度における課題(第1回)
  2. 非正規社員の教育がカギを握る
  3. なぜ、今「セルフ・リーダーシップ」が求められているのか
  4. 社員研修を改革しよう
  5. 内部が不透明な企業は成長しない

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る