閉じる
  1. 正社員転換制度における課題(第1回)
  2. 内部が不透明な企業は成長しない
  3. 社員研修を改革しよう
  4. なぜ、今「セルフ・リーダーシップ」が求められているのか
  5. 非正規社員の教育がカギを握る
閉じる
閉じる
  1. 会議を効率化させる5つのポイント
  2. 「人工知能がヒトの仕事を奪う」という妄想と人材育成について
  3. あなたもパワハラ上司予備軍に?!職場に潜む危険因子とは?
  4. みんな意外と知らない起業のリスク。それは「孤独」ということ
  5. ロジカルシンキングの基本
  6. あなたの職場は本当に大丈夫?もし明日地震が来た時の対策!
  7. 社員の健康管理できていますか。
  8. 中途採用でもポテンシャル採用が広がっている!
  9. 人材育成に行き詰まった時に、参考にしたい本5選
  10. 上司が部下に行うマネジメントで注意したい8つのこと
閉じる

人財ラボ

人材教育の種類を確認する

日々の業務に不可欠な技術を学ぶことは必要ですが、社外研修などで不要な技術を学び、時間を浪費するといったこともあり得ます。まずは新入社員向けの研修からスタートし、実務から学習させていくといった人材教育が最適ではないでしょうか。時間の浪費にならないように研修の種類を確認し、必要な教育を従業員に与えられるようにしていきましょう。

どんな研修があるのか

1、新入社員研修

一般的な会社で必要とされる教養や、電話応対などを学んでいくことになります。

今後の社会人としての生活に必要な精神的な研修も学ぶことがあります。

2、OJT

実務を学ぶために現場での教育を施します。

実際の業務を通して教育されるため、非常に有効な方法として認知されています。

3、随時行われている企業研修

マナー講座や、ITスキルなど様々な研修が行われています。

弱点の克服に最適です。また管理職など今までと異なる立場に必要なスキルを学ぶ機会でもあります。

4、OFF-JT

社外での研修になります。

資格取得のために必要な教育や、社外教育機関との提携により社内では学びにくいスキルの研修などを行います。

専門的なスキルをプロフェッショナルから学べることが最大の魅力です。

企業によって若干異なりますが、以上が人材教育の種類となります。

必要に応じて、人材教育を施していくとよいでしょう。

まとめ

新人教育とOJTをまずは行い、必要に応じ企業研修に参加をしましょう。また、OFF-JTも効果的に利用すればプロから直接教育を受けられるというメリットもあります。

 

助成金を活用した人財育成はこちら
https://www.jp-alphanet.com/service

 

関連記事

  1. 若手社員が3年で辞める原因とは

  2. 新入社員に対する教育法とは

  3. 「伝え方」を上達させる4つの方法

  4. 以前の常識は通用しない 新入社員の育て方にはコツがある

  5. OJTを効果的に活用しよう

  6. 若手社員の育成に悩む職場のリーダー達が戦隊を組むべき理由

おすすめ記事

  1. 正社員転換制度における課題(第1回)
  2. 非正規社員の教育がカギを握る
  3. なぜ、今「セルフ・リーダーシップ」が求められているのか
  4. 社員研修を改革しよう
  5. 内部が不透明な企業は成長しない

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る