閉じる
  1. なぜ、今「セルフ・リーダーシップ」が求められているのか
  2. 非正規社員の教育がカギを握る
  3. 正社員転換制度における課題(第1回)
  4. 内部が不透明な企業は成長しない
  5. 社員研修を改革しよう
閉じる
閉じる
  1. 会議を効率化させる5つのポイント
  2. 「人工知能がヒトの仕事を奪う」という妄想と人材育成について
  3. あなたもパワハラ上司予備軍に?!職場に潜む危険因子とは?
  4. みんな意外と知らない起業のリスク。それは「孤独」ということ
  5. ロジカルシンキングの基本
  6. あなたの職場は本当に大丈夫?もし明日地震が来た時の対策!
  7. 社員の健康管理できていますか。
  8. 中途採用でもポテンシャル採用が広がっている!
  9. 人材育成に行き詰まった時に、参考にしたい本5選
  10. 上司が部下に行うマネジメントで注意したい8つのこと
閉じる

人財ラボ

地図を持って仕事しましょう

いつも頑張って仕事をしているのに怒られてばかり・・・。そういう悩みを持つ人は多いでしょう。原因は様々ですが、仕事に取りかかる際に目標を設定していないケースが見られます。これがないと行く先々で問題が発生します。今日は目標という‘地図’を持つことの大切さについてお話します。

目標を先に決める

普段仕事をするときは、まず計画をしっかりと練ってから業務に入り、問題点などを克服しながら進めます。「一体これのどこが悪いの?」と思われるかもしれませんが、計画の中に目標がないと仕事のペースがつかみづらくなります。また、問題が発生した時の改善にも影響を与えます。例えば営業の電話をかける時、リストを見て1件1件こなしていきます。営業の電話は断られることが多いので、改善点を考える機会が多いですが、目標(例:今月は件アポを取る)を立てていないと自分の仕事ぶりが良いのか悪いのかが分らず、このまま進めていいのか迷うことになってしまいます。

仮に「1ヶ月で50件のアポを取る」という目標を立てるとします。10日の時点で10件しかアポが取れていなかったら早急に対策を取らなければいけません。これが15件だとそれほど改善する点はないでしょう。このような感じで目標が明確だと自分の仕事ぶりを客観的に見ることができ、対策の取り方が(対策を取るべきかどうかも含めて)分かります。

目標がないと・・・?


もし上の例で目標の件数を決めなかったらどうなるでしょうか。10日で10件だったときに何も改善せず、1ヶ月で30件しかアポを取れなかったとなると上司から怒られるでしょう。それはいくら営業のトークが上手くても同じです。おそらく怒られた方は「なんで一生懸命やっているのに、怒られるのだろう」と思うでしょう。

逆に10日で20件のアポが取れたとしても、目標を決めていなかったら「これでは足りないのではないか」と考え、計画を練り直す人が出てくるかもしれません。せっかく上手くいって改善する必要がないのに、余計な対策法を考えると時間のロスです。意識が高いのは良いことですが、しなくてもいいことに手をつけるのも問題です。

目標というのは「自分が今どの位置にいるか」を教えてくれる地図のようなものです。土地勘のある人(仕事に置き換えると、ベテランで仕事の要領が分かっている人)以外は、地図がないと道に迷ってしまいます。仕事も同じで、目標を立ててから取り組まないと途中で仕事の進め方に迷いが生じます。

まとめ

一生懸命頑張ってもなかなか評価されない人が多くいると思います。そういう人たちは何か一つ工夫するだけで大きく変わる可能性を秘めています。具体的な目標の設定もその一つなのではないでしょうか。

 

助成金を活用した人財育成はこちら
https://www.jp-alphanet.com/service

 

関連記事

  1. リスクや挑戦を避ける企業風土では企業はチカラを失っていく

  2. 人材育成に必要な「目標管理制度」

  3. その計画は成果を出せるか?

  4. 組織の中で個人を重視。社員が理想像を持ち業績を上げるには。

  5. ゆとり教育を受けた社員を育成する管理者の役割

  6. 女性の管理職…どうすればいいのか?

おすすめ記事

  1. 正社員転換制度における課題(第1回)
  2. 非正規社員の教育がカギを握る
  3. なぜ、今「セルフ・リーダーシップ」が求められているのか
  4. 社員研修を改革しよう
  5. 内部が不透明な企業は成長しない

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る