閉じる
  1. 内部が不透明な企業は成長しない
  2. 社員研修を改革しよう
  3. なぜ、今「セルフ・リーダーシップ」が求められているのか
  4. 正社員転換制度における課題(第1回)
  5. 非正規社員の教育がカギを握る
閉じる
閉じる
  1. 会議を効率化させる5つのポイント
  2. 「人工知能がヒトの仕事を奪う」という妄想と人材育成について
  3. あなたもパワハラ上司予備軍に?!職場に潜む危険因子とは?
  4. みんな意外と知らない起業のリスク。それは「孤独」ということ
  5. ロジカルシンキングの基本
  6. あなたの職場は本当に大丈夫?もし明日地震が来た時の対策!
  7. 社員の健康管理できていますか。
  8. 中途採用でもポテンシャル採用が広がっている!
  9. 人材育成に行き詰まった時に、参考にしたい本5選
  10. 上司が部下に行うマネジメントで注意したい8つのこと
閉じる

人財ラボ

みんなでコミュニケーションを取りましょう

会社の業務を円滑に進めるには、コミュニケーションも円滑でなければいけません。しかし、実際は人間関係のトラブルが非常に多いです。それぞれに言い分はあると思いますが、大人の世界ですからそこは上手く乗り越えていく必要があります。今回はコミュニケーションが取れていない時に発生する問題点、そしてそれを上手く取る方法についてお話しします。

コミュニケーションが取れていないと・・・?

もし社員同士でコミュニケーションが取れていなかったらどうなるのでしょうか。例えば顧客のために一生懸命取り組んでいる社員がいるとします。そしてその社員が大変寡黙で周りの同僚とはほとんど話さないとします。そうすると周りから「アイツ、自分の仕事が出来てりゃそれでいいのかよ」とか「なんか暗いな~。私たち、嫌われているのかな?」という目で見られてしまいます。

実際は会社のために一生懸命頑張っているだけなのですが、その思いが伝わらないと様々な誤解を招き、お互いに「すれ違い」が発生します。ぎくしゃくしていると仕事がしづらく、業務の効率が落ちてしまいます。やはり日頃から社員同士で頻繁に会話をすることが大切ですね。 

社内コミュニケーションを活性化させるには?

では、具体的にどうすればコミュニケーションが上手く取れるのでしょうか。まずはお互いの立場を理解し、異なる考え方を受け入れることです。そうすることで相手に対する「壁」がなくなり、自分から積極的に話しやすくなります。

話しやすくなれば今度は相手にいろいろ質問してみましょう。「仕事は進んだ?」とか「趣味はなに?」など他愛もないことでいいです。あまり最初からプライベートに関する質問はしない方が良いでしょう。質問をすることで相手は「自分に興味を持ってくれているのかな」と思ってくれます。こうしているうちに会話が弾むでしょう。

まとめ

能力が高いのはとても大切なことですが、それだけでは仕事はできません。周りとのコミュニケーションをしっかりと取り、信頼関係を築くことが大切です。そうすれば職場の雰囲気が明るくなり、業務も滑らかに進むと思います。

 

実質無料で出来る人財育成はこちら
https://www.jp-alphanet.com/service

 

関連記事

  1. 女性の仕事への不満

  2. 「仕事をすることの意義」を見つける

  3. 社員のやる気を引き出すには、結局この3つの方法が効果的

  4. 一流の褒め方はココが違う

  5. 労働の生産性を上げていくためには? ~「サンタの国」を参考にする…

  6. コミュニケーションで大事なこと

おすすめ記事

  1. 正社員転換制度における課題(第1回)
  2. 非正規社員の教育がカギを握る
  3. なぜ、今「セルフ・リーダーシップ」が求められているのか
  4. 社員研修を改革しよう
  5. 内部が不透明な企業は成長しない

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る