閉じる
  1. 非正規社員の教育がカギを握る
  2. 社員研修を改革しよう
  3. なぜ、今「セルフ・リーダーシップ」が求められているのか
  4. 正社員転換制度における課題(第1回)
  5. 内部が不透明な企業は成長しない
閉じる
閉じる
  1. 会議を効率化させる5つのポイント
  2. 「人工知能がヒトの仕事を奪う」という妄想と人材育成について
  3. あなたもパワハラ上司予備軍に?!職場に潜む危険因子とは?
  4. みんな意外と知らない起業のリスク。それは「孤独」ということ
  5. ロジカルシンキングの基本
  6. あなたの職場は本当に大丈夫?もし明日地震が来た時の対策!
  7. 社員の健康管理できていますか。
  8. 中途採用でもポテンシャル採用が広がっている!
  9. 人材育成に行き詰まった時に、参考にしたい本5選
  10. 上司が部下に行うマネジメントで注意したい8つのこと
閉じる

人財ラボ

新入社員の教育現場に上層部は不要!?

新入社員の教育といえば経営者や人事担当など上層部が行ってきましたが、今はそれが変わりつつあります。現在では入社して数年の‘若手社員’が教育に当たるケースが多いです。今回はその背景と、若手社員が教育する際に気をつけておきたいことについてお話します。

考え方の変化

いつの時代でも若者の気持ちというものは難しい所がありますが、特に今は「ゆとり世代」「さとり世代」などと言われるように、若者の考え方は一層つかみにくくなっています。そのため年配の経営者が教育をしても、新入社員には伝わらないことが増えてきました。

そこで新入社員と年齢が近い若手社員が教育を担当する、という考えが生まれたのです。年齢差が5年以内ですから、お互いの価値観が共通して思いが伝わりやすいですし、趣味が同じならプライベートの面倒も見ることができます。また若手社員にとっても、早くから指導の機会を得ることで自身のスキルを高めることもできます。新入社員の教育も新しい時代に入ったと言えるでしょう。

上司は間接的に関わる

上司は間接的にかかわる、とは言っても、教育する側もまだまだ一人前とは言えません。そこで、担当する若手社員に対するフォローアップが必要です。ここは経営者や上司の出番です。あらかじめ会議を開いて、どのように教育すればいいのかをアドバイスしておきましょう。つまり、「指導のための指導」をするのです。そして反省会の場を設け、より良い教育の方法を考えていく必要があります。

また、この指導は将来の幹部候補を選定する絶好の機会です。大卒の若手社員なら25歳くらいですが、早いうちから才能を見いだすのも企業の未来のためです。指導する力や社員を引っ張っていく力、コミュニケーション能力などをよく見極めましょう。

結局はみんなで教育する

新入社員に直接関わるのは若手社員ですが、実は教育そのものはみんなが関わっているのです。昔との違いは上層部が遠目から見るようになったという点だけです。ですから教育の内容は何ら変わりありません。これで経営者の方も心配なく任せられるでしょう。

まとめ

年配の人と若者の考えが合わないのは仕方のないことです。それを無理に合わせるわけにもいきません。これからは年配の方はそっと見守るのが良いと思います。ただし、全くコミュニケーションを取らないのも問題ですから、「今日の体調はどう?」など何気ない一言はかけてあげましょう。今の若い人たちはこれくらいがちょうどいいのかもしれません。

 

実質無料で出来る人財育成はこちら
https://www.jp-alphanet.com/service

 

関連記事

  1. 本当に「社員のための」研修ですか?

  2. 『メンタルの強さ』があなたと企業の未来を明るくする

  3. オーナーが今一番聞きたい。新人美容師の育成法

  4. 新入社員の働き方が良くなる3つの課題とは

  5. OJTとOffjtを効果的に活用しよう

  6. 新入社員教育のポイントは「フィードバック」だ!

おすすめ記事

  1. 正社員転換制度における課題(第1回)
  2. 非正規社員の教育がカギを握る
  3. なぜ、今「セルフ・リーダーシップ」が求められているのか
  4. 社員研修を改革しよう
  5. 内部が不透明な企業は成長しない

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る