閉じる
  1. なぜ、今「セルフ・リーダーシップ」が求められているのか
  2. 内部が不透明な企業は成長しない
  3. 社員研修を改革しよう
  4. 非正規社員の教育がカギを握る
  5. 正社員転換制度における課題(第1回)
閉じる
閉じる
  1. 会議を効率化させる5つのポイント
  2. 「人工知能がヒトの仕事を奪う」という妄想と人材育成について
  3. あなたもパワハラ上司予備軍に?!職場に潜む危険因子とは?
  4. みんな意外と知らない起業のリスク。それは「孤独」ということ
  5. ロジカルシンキングの基本
  6. あなたの職場は本当に大丈夫?もし明日地震が来た時の対策!
  7. 社員の健康管理できていますか。
  8. 中途採用でもポテンシャル採用が広がっている!
  9. 人材育成に行き詰まった時に、参考にしたい本5選
  10. 上司が部下に行うマネジメントで注意したい8つのこと
閉じる

人財ラボ

部下を成長させるためには「自分で考えさせる」こと!

部下には自分で考えさせよう

職場で分からないことがあれば、部下は質問してきます。日常茶飯事だと思いますが、そのときの質問のしかたは大きく2つに分けられます。

成長する部下しない部下

1つ目は部下自身が自分で考え、調べてもなお分からないケースです。「~までは出来たのですがその先がどうしても進められません。○○についてアドバイスをいただけないでしょうか」という感じで指導を求めてきます。自分で取り組んでいる分、それまでの状況を具体的に説明するので上司は「おっ。コイツはよく考えているな。よし、アドバイスを送ってやろう」という気になれます。

反対に、いきなり「○○について教えてほしいっす」と言うような社員は突っぱねればよいのです。口調も問題ですが、何も考えずにいきなりアドバイスを求める人は何をしても成果が出せません。これは若い社員に多いと思いますが、こういう社員には「まず、自分で考えてみなさい」と伝えることです。そこでハッと気が付いて自分から取り組む人は成長します。逆に「なんだよ、このおっさん」と思う人はそれまでです。残念ながら会社の戦力になり得ません。冷たいようですが、モノがありふれている現代において若者は自分で考える機会を満足に得られないのです。

部下が困っていてもまずは自分で考えさせよう

社会人になってからでも遅くありません。考える力を身につけた人は必ず成長します。その機会を提供するのは上司の役目なのです。学生時代に身につけられなかったことを教えてあげればいいのです。本当に部下のためを思っているのなら、時には厳しい姿勢で臨む必要があるでしょう。

 

自立した社員を育てる仕組みはこちら
https://www.jp-alphanet.com/service

 

関連記事

  1. 上司が部下に行うマネジメントで注意したい8つのこと

  2. 新任管理職が心構えるべき3つのポイント

  3. 勤務時間をマネジメントしましょう!

  4. 組織構築の時に気を配る9ポイント

  5. 強力な組織づくりのためにどのような人材育成をすればいいのか?

  6. 環境の変化における組織改革

おすすめ記事

  1. 正社員転換制度における課題(第1回)
  2. 非正規社員の教育がカギを握る
  3. なぜ、今「セルフ・リーダーシップ」が求められているのか
  4. 社員研修を改革しよう
  5. 内部が不透明な企業は成長しない

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る