閉じる
  1. なぜ、今「セルフ・リーダーシップ」が求められているのか
  2. 正社員転換制度における課題(第1回)
  3. 社員研修を改革しよう
  4. 非正規社員の教育がカギを握る
  5. 内部が不透明な企業は成長しない
閉じる
閉じる
  1. 会議を効率化させる5つのポイント
  2. 「人工知能がヒトの仕事を奪う」という妄想と人材育成について
  3. あなたもパワハラ上司予備軍に?!職場に潜む危険因子とは?
  4. みんな意外と知らない起業のリスク。それは「孤独」ということ
  5. ロジカルシンキングの基本
  6. あなたの職場は本当に大丈夫?もし明日地震が来た時の対策!
  7. 社員の健康管理できていますか。
  8. 中途採用でもポテンシャル採用が広がっている!
  9. 人材育成に行き詰まった時に、参考にしたい本5選
  10. 上司が部下に行うマネジメントで注意したい8つのこと
閉じる

人財ラボ

リーダーとしての認識は教育で学習する時代

部下から信用されるにはリーダーとしての意識を持つ事が必要です。リーダーは、担当するチームをリードする役職です。リード役は、チームを構成する社員からの信用を得なければなりません。部下に信用されなければ、リーダーとしての指示が無視され、会社が衰退する事態になりかねません。

信用されるためには

信用されるためにするべきことは何なのか。それは人から尊敬を受けられる模範となるべき行動を続けていくことです。

理屈に合った指示・意見をすることと、無言実行ではなく、有言実行ということなどは良い例となるでしょう。このような行動を目に見える形で続けていくなら、社員はおのずとついてくるものではないでしょうか。社員からの信用を無くした為、社員の大部分が短期間で退職し、経営的にダメージを受けた例が少なくありません。

他にも重要な事があります。任された組織をリードしていくということを学習し、肝に命じることです。多数の新入若年社員が配属される部署にありがちな事例ですが、リーダーが“自分がチームをリードするのだ”という責任感と認識が欠如したために、リーダーが行った新入社員教育が不可能な状態に陥り、思うように新入若年社員が伸びなくなる例が多々あります。結果として会社の成長が停滞することだってありえます。これでは、会社が発展する事は無いでしょう。リーダーとしても伸びなくなってしまいます。

専門講座を受講してリーダーとしての責任感・認識を持とう

 

上記の事を解決するために、リーダーとしての責任感・認識を持つための専門講座を受講するのもいいでしょう。講座の担当講師は、任された組織をリードするのに、どのような能力・スキルがあれば良いのかという事を教えてくれます。受講することにより、自らも人材育成の計画を立案する事ができます。会社がリーダーに何を求めているかと言えば、社員から信頼され、いざという時には責任を持ちながらリーダーが出来る人材を求めているのです。会社の真意に沿って積極的に講座を受講し、リーダーのスキルを高めて行けば、会社は発展するでしょう。

まとめ

今の時代、リーダーとしての心構えは、会社の環境・雰囲気だけで養えるものではありません。リーダーである以上、リーダーとしての心構え無しでは、存在価値が問われます。講座に参加することで、心構えだけではなく、様々なスキルも得ることが出来ます。積極的に講座を活用し、立派なリーダーになりましょう。

 

自立した社員を育てる仕組みはこちら
https://www.jp-alphanet.com/service

 

関連記事

  1. 雇用延長の「年上部下」にはこう対応せよ!

  2. 期待される管理職!!文化の醸成

  3. なぜ、今「セルフ・リーダーシップ」が求められているのか

  4. 信頼される上司になるための6つのポイント

  5. 経営を成功させる能力!!リーダーシップとは

  6. 現状によって変わるリーダーシップのスタイル

おすすめ記事

  1. 正社員転換制度における課題(第1回)
  2. 非正規社員の教育がカギを握る
  3. なぜ、今「セルフ・リーダーシップ」が求められているのか
  4. 社員研修を改革しよう
  5. 内部が不透明な企業は成長しない

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る