閉じる
  1. 内部が不透明な企業は成長しない
  2. なぜ、今「セルフ・リーダーシップ」が求められているのか
  3. 正社員転換制度における課題(第1回)
  4. 社員研修を改革しよう
  5. 非正規社員の教育がカギを握る
閉じる
閉じる
  1. 会議を効率化させる5つのポイント
  2. 「人工知能がヒトの仕事を奪う」という妄想と人材育成について
  3. あなたもパワハラ上司予備軍に?!職場に潜む危険因子とは?
  4. みんな意外と知らない起業のリスク。それは「孤独」ということ
  5. ロジカルシンキングの基本
  6. あなたの職場は本当に大丈夫?もし明日地震が来た時の対策!
  7. 社員の健康管理できていますか。
  8. 中途採用でもポテンシャル採用が広がっている!
  9. 人材育成に行き詰まった時に、参考にしたい本5選
  10. 上司が部下に行うマネジメントで注意したい8つのこと
閉じる

人財ラボ

活力を無くし停滞している中高年を甦らせる研修のキーポイント

活力を無くして停滞している中高年社員さんを、活き活きと現場復帰させるには、いろんなキーポイントがありますので一緒に考えていきましょう。例えば、次のような話があります「人は元々「心のエネルギー」によって意欲を上げることができるので、無理やりやる気を起こさせたりしないでも、元来の「心のエネルギー」を意識し次へのステップに繋げていくことが大切である」。今回はこの「心のエネルギー」について考えていきたいと思います。「最近社内の従業員の士気が下がっているな…」と感じている経営者の方には参考になると思います。

心のエネルギー解放について

研修では、この「心のエネルギー」の大解放に重きを置くべきです。そのために本心から話せるフリートークの場を設けることが大切になってきます。このフリートークのスペースでは、悩み迷う事について等、自由におもうまま話せる安心できる場所であることを、分かってもらいたいですね。例えば、少人数のグループに分けて集まり、研修の主催者の失敗談などを交え、気持ちをほぐしてから皆で話し合いをするとか、あだ名で呼び合い親近感を抱いてもらうとか、一泊くらいで寝食を共にするとか、癒しの音楽で心をほぐすとか等、いろいろなやり方があります。

本音の空間を作ろう

大事にしたいのは「構えることなく本心で話せるスペースが必要」ということです。社員が周囲を気にかけているうちでは本心は見えません。本心を探らなければ問題となる重要な部分も見えてきません。本心がわからないと的確な改善策を練ることもできません。社員さんの活力にも結び付かず、湧いてくる感情の中に、やる気や楽しみや熱い思い等が見出せなくなります。

まとめ

本音で話せて、安心できる場があるという事は、エネルギー解放になにより役にたち、活力を無くしてしまった中高年層にも再び現場復帰してもらえるよい研修となるでしょう。企業を活き活きと発展させることにも繋がることと思います。

 

実質無料で出来る人財育成はこちら
https://www.jp-alphanet.com/service

 

関連記事

  1. 五月病の対策を取りましょう!

  2. 社員のやる気を引き出すには、結局この3つの方法が効果的

  3. 教えながら育てていく!感じのいい企業

  4. チームの成果を最大化する運営のコツ

  5. 職場の満足感を高める‘働きがいのある’企業とは

  6. 職場の不満の原因とは?解消のために今すぐできること。

おすすめ記事

  1. 正社員転換制度における課題(第1回)
  2. 非正規社員の教育がカギを握る
  3. なぜ、今「セルフ・リーダーシップ」が求められているのか
  4. 社員研修を改革しよう
  5. 内部が不透明な企業は成長しない

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る