閉じる
  1. 非正規社員の教育がカギを握る
  2. なぜ、今「セルフ・リーダーシップ」が求められているのか
  3. 内部が不透明な企業は成長しない
  4. 正社員転換制度における課題(第1回)
  5. 社員研修を改革しよう
閉じる
閉じる
  1. 会議を効率化させる5つのポイント
  2. 「人工知能がヒトの仕事を奪う」という妄想と人材育成について
  3. あなたもパワハラ上司予備軍に?!職場に潜む危険因子とは?
  4. みんな意外と知らない起業のリスク。それは「孤独」ということ
  5. ロジカルシンキングの基本
  6. あなたの職場は本当に大丈夫?もし明日地震が来た時の対策!
  7. 社員の健康管理できていますか。
  8. 中途採用でもポテンシャル採用が広がっている!
  9. 人材育成に行き詰まった時に、参考にしたい本5選
  10. 上司が部下に行うマネジメントで注意したい8つのこと
閉じる

人財ラボ

人を育てる際に気を付けなければいけないポイントとは

社員を育てるためには必要な能力をできる限り早く身に付けてもらわなければいけないとき、長い目で見て目標とする能力を身に付けもらう場合の二通りがあります。では必要な能力を獲得するにはどうすべきでしょうか。そのためには上司は部下が適切な目標を設定できるよう支援するのです。それぞれに応じて短期目標と長期目標の両方が必要となってきます。ここで注意点としてどちらも具体的でなければいけません。抽象的な目標では何をすべきなのか分からなくなってしまいます。努力して達成できるレベルであることが大切です。何もしなくても達成できては意味がありませんしどれだけ努力してもだめなら意欲を削いでしまいます。頑張れば手の届く範囲にする必要があるのです。

短期目標にはどのようなメリットがあるのか

人材育成には基本的に時間がかかります。しかし期間が長くなればなるほど達成に向けたモチベーションは上がらないものです。意欲が下がれば本来すぐに身に付けてもらわなければいけない能力まで身につかない可能性さえあります。そこで小刻みな目標を達成させるのです。終われば新たな短期目標を立てます。これを繰り返すことで達成感が得られるのです。

短期の目標は着実に前進している実感、モチベーションの維持につながります。

長期目標にはどのようなメリットがあるのか

短期での目標だけではまだ不十分です。なぜなら目先のことしか見えなくなってしまうし方向性もずれてしまうのです。長期の目標を立てることにより進むべき道、あるべき姿が浮かび上がってきます。ここで最も大事なことはあるべき姿がそのようになりたいと思えるようなものでないといけません。そうではない目標は立てたとしても懸命に取り組むことができなくなってしまいがちです。部下の目標設定をサポートする際にはこの点に気を付けなければいけません。将来こういう風になりたいと思うことはモチベーションの向上につながるのです。

まとめ

短期目標だけでは将来のあるべき姿が見通せず長期目標だけでは意欲が続かなくなってしまいます。両方の目標を設定することにより進むべき方向に一歩一歩着実に歩んでいくことができるのです。そうなればしめたものです。あまり口を出さず見守りに徹し困っている時にアドバイスすれば良いのです。人を育てることは一朝一夕にはいきません。適切な目標設定を支援することで部下の成長を促していくことができるのです。

 

助成金を活用した人財育成はこちら
https://www.jp-alphanet.com/service

 

関連記事

  1. 魅力的な人材、引き留めるには?

  2. 新人を教育するにはOJTの質を上げるべき

  3. 若手社員が3年で辞める原因とは

  4. 「人材」を「人財」に!!

  5. 外部研修で気を付けるべきこと

  6. これさえできれば必ずステップアップできる

おすすめ記事

  1. 正社員転換制度における課題(第1回)
  2. 非正規社員の教育がカギを握る
  3. なぜ、今「セルフ・リーダーシップ」が求められているのか
  4. 社員研修を改革しよう
  5. 内部が不透明な企業は成長しない

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る