閉じる
  1. 正社員転換制度における課題(第1回)
  2. 非正規社員の教育がカギを握る
  3. 内部が不透明な企業は成長しない
  4. 社員研修を改革しよう
  5. なぜ、今「セルフ・リーダーシップ」が求められているのか
閉じる
閉じる
  1. 会議を効率化させる5つのポイント
  2. 「人工知能がヒトの仕事を奪う」という妄想と人材育成について
  3. あなたもパワハラ上司予備軍に?!職場に潜む危険因子とは?
  4. みんな意外と知らない起業のリスク。それは「孤独」ということ
  5. ロジカルシンキングの基本
  6. あなたの職場は本当に大丈夫?もし明日地震が来た時の対策!
  7. 社員の健康管理できていますか。
  8. 中途採用でもポテンシャル採用が広がっている!
  9. 人材育成に行き詰まった時に、参考にしたい本5選
  10. 上司が部下に行うマネジメントで注意したい8つのこと
閉じる

人財ラボ

必要としている従業員への教育とは何か?~企業内での指導と外部講師陣の教育~

従業員への教育には企業内における指導と外部での教育があります。当然ながらよく知られている所ですが、実際に従業員への指導がきちんとなされているかと言えば、なかなかできていないといった企業も多いのではないでしょうか。ここでは実際にどのようなことが企業内での教育と言えるのか。また外部講師陣を招いての外部での教育とはどのようなものか見ていきたいと思います。

企業内における従業員教育とは

まずは、企業内における従業員教育について考えてみましょう。実務における技術や知識、それに基づく行動のための思索、考察力を養うための教育が企業内での教育となります。実際の業務遂行のための従業員教育となるものですから、見るべきポイントも狭くなりがちです。そういった問題があることを把握しながら従業員への指導を行っていくべきです。

当然ですが、このような従業員教育を通じて上司、部下、また先輩、後輩といった従業員同士の意思疎通を円滑に運ぶといったことも目的の一つです。実際の業務を指導するわけですから、費用の負担はありません。指導する立場の上司などもこのような機会を通して上司たる姿勢を身につけていくことも可能です。企業内にいる限り常に指導することが出来るのですが、上司、指導役によってクオリティに大きな差を生むこともあり、誰でも出来るというわけではありません。その辺りに注意が必要です。部下が育たない上司に任せることがないようにしていきたいものです。

外部での教育とは(外部講師陣を招いての教育など)

次に、外部講師を招いての教育をみていきます。実際の業務から距離を置き、企業のさらなる発展のために行う従業員への教育を見ていきましょう。企業内では身に付きにくい技術、今後の企業のために必要となるリノベーション出来るチカラを従業員に習得させるために行っていきたいところです。業界での先駆者から実際に話が聞けると言ったことは、なかなか社会人になるとありません。このような機会を作り、今後の進展のために何が必要なのか学ばさせていきたいですね。

経営における考え方、意思疎通のための技術、従業員への評定など自社だけでは学びにくいポイントなどもあるはずです。外部から講師陣を招いて企業内だけでは学びにくい技術、知識の習得に生かしていきましょう。企業内や取引先だけではない情報網を持つことが強みになることもあります。このような機会に様々な人々と交流を持つことも外部から得られるものの一つです。しかしながら、費用の問題があることを忘れてはいけません。一流の講師陣ともなるとそれ相応の費用も発生してきます。また、実務に関連した教育ともいえない場合もあり、費用が無駄になることも考えられます。十分に考慮していただきたいところです。

まとめ

以上が内部、外部での従業員教育の長所、短所です。様々な利点があるかと思います。また欠点もあると感じられた方もいるかと思います。何が自社において必要としているのかを考え、必要な教育を従業員に与えていきたいところです。

 

助成金を活用した人財育成はこちら
https://www.jp-alphanet.com/service

 

関連記事

  1. 人材育成方法の移り変わり

  2. 「組織社会化」というポイントを大事にして中途社員に研修をしよう

  3. 成長戦略に欠かせない女性のチカラ

  4. リスクや挑戦を避ける企業風土では企業はチカラを失っていく

  5. 「人材」を「人財」に!!

  6. 住民のミカタ!施工会社の人材育成

おすすめ記事

  1. 正社員転換制度における課題(第1回)
  2. 非正規社員の教育がカギを握る
  3. なぜ、今「セルフ・リーダーシップ」が求められているのか
  4. 社員研修を改革しよう
  5. 内部が不透明な企業は成長しない

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る