閉じる
  1. 正社員転換制度における課題(第1回)
  2. なぜ、今「セルフ・リーダーシップ」が求められているのか
  3. 内部が不透明な企業は成長しない
  4. 非正規社員の教育がカギを握る
  5. 社員研修を改革しよう
閉じる
閉じる
  1. 会議を効率化させる5つのポイント
  2. 「人工知能がヒトの仕事を奪う」という妄想と人材育成について
  3. あなたもパワハラ上司予備軍に?!職場に潜む危険因子とは?
  4. みんな意外と知らない起業のリスク。それは「孤独」ということ
  5. ロジカルシンキングの基本
  6. あなたの職場は本当に大丈夫?もし明日地震が来た時の対策!
  7. 社員の健康管理できていますか。
  8. 中途採用でもポテンシャル採用が広がっている!
  9. 人材育成に行き詰まった時に、参考にしたい本5選
  10. 上司が部下に行うマネジメントで注意したい8つのこと
閉じる

人財ラボ

良い人材を見つけるための手段としてのインターンシップ

インターンシップとは、大学や専門学校在学中に行う企業での実務の体験学習です。学生にとっては、何がしたいのか?何が向いてるのか?を考えることができる良いチャンスです。企業にとっても自社の宣伝効果があり、多くの企業が実施しています。近年、良い人材の採用が難しくなってきており、インターンシップの目的が少し変わってきています。

■近年のインターンシップの目的とは?

就職氷河期といわれる時代は終わり、新卒者にとっては比較的就職しやすい時代になっています。そのため、企業は少しでも良い人材を採用したいために、インターンシップで学生を判断する期間としています。日本経済団体連合会は、インターンシップでの採用の選考を禁止しており、企業はその規則を守りつつも、良い人材に出会う可能性を目的として、インターンシップに大きく期待しています。

■まとめ

どの企業も若くてパワーのある仲間と仕事をしたいものです。実際、そうした社会人は少ないものです。意欲のある学生から刺激を受けることもあるはずです。企業がもとめているのは、知識や技術ではなく、その前向きな純粋さなのです。以上のことから、近年、インターンシップの企業の実施率は上昇しています。

 

自立した社員を育てる仕組みはこちら
https://www.jp-alphanet.com/service

 

関連記事

  1. 新入社員の研修内容をどうするか

  2. 新入社員への仕事の教え方で意識したいたった一つのポイント

  3. 若手社員の教育法が変わる!

  4. 限られた費用で新人教育を良いものにする

  5. 新卒一括採用のメリットとは

  6. 新入社員を育てるための3つのポイント

おすすめ記事

  1. 正社員転換制度における課題(第1回)
  2. 非正規社員の教育がカギを握る
  3. なぜ、今「セルフ・リーダーシップ」が求められているのか
  4. 社員研修を改革しよう
  5. 内部が不透明な企業は成長しない

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る