閉じる
  1. 非正規社員の教育がカギを握る
  2. 内部が不透明な企業は成長しない
  3. 社員研修を改革しよう
  4. 正社員転換制度における課題(第1回)
  5. なぜ、今「セルフ・リーダーシップ」が求められているのか
閉じる
閉じる
  1. 会議を効率化させる5つのポイント
  2. 「人工知能がヒトの仕事を奪う」という妄想と人材育成について
  3. あなたもパワハラ上司予備軍に?!職場に潜む危険因子とは?
  4. みんな意外と知らない起業のリスク。それは「孤独」ということ
  5. ロジカルシンキングの基本
  6. あなたの職場は本当に大丈夫?もし明日地震が来た時の対策!
  7. 社員の健康管理できていますか。
  8. 中途採用でもポテンシャル採用が広がっている!
  9. 人材育成に行き詰まった時に、参考にしたい本5選
  10. 上司が部下に行うマネジメントで注意したい8つのこと
閉じる

人財ラボ

若年社員に対する、早期の離職を防ぐための解決策!

近年、新入社員や若年社員の早期の離職率の高さが問題になっています。この問題は、これからの社会の為にも解決すべき問題の一つとなっています。一度、企業ができる解決策を考えてみたいと思います。

■モチベーションを維持させる事が大切

まず、上司は部下のモチベーションを維持させる事に気を付けるべきです。現代では、昇進や昇給ではなかなかモチベーションを上げてくれない時代です。それぞれのモチベーションが上がるポイントを見つけ、刺激し続けなければなりません。指導者は新しい能力が必要となっているのです。

■4つのタイプに分類してみる

Ⅰ.達成や効率にモチベーションがあるタイプ

主導権を与えることによって、本人が考えた効率の良いやり方でやらせるのが、モチベーションの向上に繋がります。

Ⅱ.競争に勝つ事がモチベーションとなるタイプ

日々の仕事や本人のランキングをほめることによって、モチベーションを上げることが可能です。

Ⅲ.人間関係を重視し、仲間との衝突が無い事がモチベーション維持となるタイプ

周りからの視線をいつも気にして、衝突を好まないタイプは、強制的な命令は避ける方が良い。意見を聞き入れて、共に仕事を進めていく事がモチベーションの維持に繋がる。

Ⅳ.冷静に危機を分析する事がモチベーションとなるタイプ

常に危険を回避するために、分析に時間をかけるので、本人が動くまで待つ必要がある。焦らせることは、モチベーションの低下に繋がる。

まとめ

このように、モチベーションを維持する方法は一人一人異なります。経営者や人事担当の方は、社員個人の考え方を尊重して接するとよいでしょう。

大変だと思いますが、結果的に若者の早期離職を防ぐ最善の方法となるのです。

 

自立した社員を育てる仕組みはこちら
https://www.jp-alphanet.com/service

 

関連記事

  1. 強力な組織づくりのためにどのような人材育成をすればいいのか?

  2. G-PDCAを設定し目標を掲げる。期限を定めて行動しよう。

  3. 放置している問題は日報で解決

  4. 組織をまとめる方法とは 上司に求められる役割

  5. なぜ『叱る』のですか?考えてみよう!

  6. 環境の変化における組織改革

おすすめ記事

  1. 正社員転換制度における課題(第1回)
  2. 非正規社員の教育がカギを握る
  3. なぜ、今「セルフ・リーダーシップ」が求められているのか
  4. 社員研修を改革しよう
  5. 内部が不透明な企業は成長しない

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る