閉じる
  1. 正社員転換制度における課題(第1回)
  2. 非正規社員の教育がカギを握る
  3. なぜ、今「セルフ・リーダーシップ」が求められているのか
  4. 内部が不透明な企業は成長しない
  5. 社員研修を改革しよう
閉じる
閉じる
  1. 会議を効率化させる5つのポイント
  2. 「人工知能がヒトの仕事を奪う」という妄想と人材育成について
  3. あなたもパワハラ上司予備軍に?!職場に潜む危険因子とは?
  4. みんな意外と知らない起業のリスク。それは「孤独」ということ
  5. ロジカルシンキングの基本
  6. あなたの職場は本当に大丈夫?もし明日地震が来た時の対策!
  7. 社員の健康管理できていますか。
  8. 中途採用でもポテンシャル採用が広がっている!
  9. 人材育成に行き詰まった時に、参考にしたい本5選
  10. 上司が部下に行うマネジメントで注意したい8つのこと
閉じる

人財ラボ

なぜ人材の訓練が必要なのか

業務遂行のために必要となる技術を身に着けてほしいと願う会社のリーダーや人材訓練担当者は多くいます。それらの学習のため、あるいは非金銭的報酬(社会人としてのマナーといった教養を身に着ける場)として人材訓練を考えている場合もあるでしょう。しかし何故そのような人材訓練を、従業員に対し与えようと考えたのでしょうか。

下記にその動機をご案内していきたいと思います。

1.自社における人材訓練の有用性

OJTといった人材訓練が整備されている会社において、クオリティやよりエキスパートとしての技術を習得させるために人材訓練を行う場合も多々あります。その世界におけるエキスパートが指導役となり人材訓練を行うといったことは、やはり効果的な方法と言えるでしょう。
自身の職務とは違う人材訓練は、職務に繋がる見識や技術のほかにも、自身の知らない分野の考え方や、技能を修得する絶好の機会です。その世界でのエキスパートより、最新の智見や考え、職務を超えた全体の動きを伺うことは、従業員としてではなく一人の人物としても進歩していく経験をもたらすものです。

2.社会人としてのマナーといった教養を身に着ける場としての人材訓練

従業員への教育を与えること、管理職や経営陣を生み出していくことは会社の永続的な運営のためには避けては通ることができないポイントです。当然ですが、人材の確保を考える場合においても、人材訓練に力を入れている会社には関心を持つ人々が多くいます。OJT以外にも非金銭的報酬として、人材訓練や技術の習得がしやすい状況を作っていくことは従業員の職務への取り組みのしやすさや、会社自体の期待感や希望を膨らませていくことになるでしょう。

3.企業での訓練のためには資源が枯渇している

人材訓練が会社にとって必要性の高い問題であるとの見識はあると思います。しかし、会社において訓練を行うための資源が枯渇していたり、また秩序立てられた訓練を行う状況を生み出すことが困難なことがあります。新入社員からマネジメントを遂行する従業員といった上層の従業員のためのバラエティに富んだ教育課程が用意されている場合、多くの従業員の技術力にフォーカスした人材訓練を行う周囲の状況を準備することができ、その職におけるエキスパートを招き、彼らの訓練を受けることができます。なかなか一般の職務の中では得難い智見、技術などを獲得するチャンスを提供することができ、会社へその智見、技術を反映させることも可能です。
教育課程のためのレッスンを行うだけでは本当に意味のある人材の訓練とは言えません。会社における運営の方向性、実際の業務、昇給、昇進や異動、そして人材訓練にまで考え、その会社、一社一社にフィットした人材訓練の助言、人材訓練利用者の習得具合を見てもらえる事業者もありますし、従業員の進歩発展を考えている場合には様々な人材訓練を把握していても損はありません。

まとめ

会社の発展とは従業員の発展力にかかっています。従業員の意識向上無くして会社が将来的に存続していくことはないでしょう。そのための従業員への訓練や多様な自己啓発への補助を提供してみたものの、事実上、有名無実、意味が失われたといったこともあり、なかなか一筋縄ではいかないものです。人材訓練ビジネスでの解約は多いのは事実ですが、実際に人材訓練を行う前に、訓練の流れを作成していないことに原因があることも事実です。

 

助成金を活用した人財育成はこちら
https://www.jp-alphanet.com/service

 

関連記事

  1. コーチングのスキルを上げる!

  2. 今までのOJTを改善して、高いレベルの人材を育成しよう

  3. 「見守りシステム」の介護新製品開発で朗報!!

  4. 新入社員の育成は現場に放り込めば済むというものではない

  5. 今すぐわかる社内講師のメリット・デメリットとは。

  6. ユニークな研修が強い会社を生む

おすすめ記事

  1. 正社員転換制度における課題(第1回)
  2. 非正規社員の教育がカギを握る
  3. なぜ、今「セルフ・リーダーシップ」が求められているのか
  4. 社員研修を改革しよう
  5. 内部が不透明な企業は成長しない

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る