閉じる
  1. なぜ、今「セルフ・リーダーシップ」が求められているのか
  2. 正社員転換制度における課題(第1回)
  3. 社員研修を改革しよう
  4. 内部が不透明な企業は成長しない
  5. 非正規社員の教育がカギを握る
閉じる
閉じる
  1. 会議を効率化させる5つのポイント
  2. 「人工知能がヒトの仕事を奪う」という妄想と人材育成について
  3. あなたもパワハラ上司予備軍に?!職場に潜む危険因子とは?
  4. みんな意外と知らない起業のリスク。それは「孤独」ということ
  5. ロジカルシンキングの基本
  6. あなたの職場は本当に大丈夫?もし明日地震が来た時の対策!
  7. 社員の健康管理できていますか。
  8. 中途採用でもポテンシャル採用が広がっている!
  9. 人材育成に行き詰まった時に、参考にしたい本5選
  10. 上司が部下に行うマネジメントで注意したい8つのこと
閉じる

人財ラボ

リーダーが心得ておくべき事とは!

今回はリーダーが行うべき仕事、そして、リーダーが心得るべき事を考えてみようと思います。現代の社会でのリーダーに求められるものは何か。それを考える事にしましょう。

組織においてリーダーがするべきこと

リーダーがすべき事とはなんでしょうか?組織の中でチームを結成させた場合、まずそのチームで結果を出さなければならないのは明らかです。チームではリーダーが必要となりますが、一体、良いリーダーとはどんなリーダーなのでしょうか?ここで一度考えてみようと思います。

例えとして、チーム全体での必要な達成点を100とすると、有能なリーダーは自分は0点でも、チームの仲間に100点をとらせるような行動をとります。しかし、自覚のないリーダーは、仲間に100点をとらせることができず、自分で高得点をとろうとしてしまいます。さらに良くないリーダーは自分のみが点数をとろうとして、仲間が点数をとる事を嫌い、そして自分の為に利用する人です。チームとして目的を達成したとしても、工程が全く異なるのです。

ピラミッド構造を考えた時のリーダーの仕事について

多くの企業では、ピラミッド構造での組織化がはかられています。次に、その階層でのリーダーの役割について考えていこうと思います。まず、上と下の階層との協力です。そこには伝達能力、スピード等、様々な能力が必要になってきます。そして次は、同階層での他部門との協力です。各部門を排他的に考えてはいけないのは当然の事です。

最後は、自分が所属する部門で、自分が中心的存在であるというリーダーとしての自覚を持つことです。自分のチームのメンバーそれぞれが目標をもって、自身の仕事に打ち込めるように支えていくのです。また、企業の目標を見極めて、自分のチームが成すべき事を考えることも必要です。

まとめ

ご承知の通り、他部門との協力ができない、仲間のフォローがまったくできないリーダーはその資質がないように思います。

進むべき道を指し示す事ができない、仲間が行っている業務がわからない、怒る事ができない、モチベーションをあげさせる方法がわからない、も同様です。リーダーの意味を、一度深く考えてみるのも良いと思います。

 

 

自立した社員を育てる仕組みはこちら
https://www.jp-alphanet.com/service

 

関連記事

  1. 企業を辞めていく若手社員を減らすために、責任者が考えるべきこと

  2. 新入社員が選ぶ理想の上司が、「ウッチャン」「水トチャン」という現…

  3. 部長と課長、その根本的な違い

  4. 21世紀を駆け抜ける企業作りを

  5. 企業は『イノベーター』と 『イノベーション人材』の違いを把握せよ…

  6. 管理者は教育で新鮮な思考を持つ

おすすめ記事

  1. 正社員転換制度における課題(第1回)
  2. 非正規社員の教育がカギを握る
  3. なぜ、今「セルフ・リーダーシップ」が求められているのか
  4. 社員研修を改革しよう
  5. 内部が不透明な企業は成長しない

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る