閉じる
  1. 社員研修を改革しよう
  2. 非正規社員の教育がカギを握る
  3. 正社員転換制度における課題(第1回)
  4. 内部が不透明な企業は成長しない
  5. なぜ、今「セルフ・リーダーシップ」が求められているのか
閉じる
閉じる
  1. 出産を機に仕事を辞めると生涯年収は大きく変わる
  2. コミュニケーションで大事なこと
  3. 組織にネットワークの力を!!
  4. 今までのOJTを改善して、高いレベルの人材を育成しよう
  5. 部下のやる気を上げるためにはどうすべきなのか
  6. 人事評価を有効なものにするためには
  7. それぞれの立場に合わせた社員研修とは
  8. OJTとOffjtを効果的に活用しよう
  9. 褒めて部下を成長させるコツ
  10. 教えて!『マネジメント能力』とは何?
閉じる

人財ラボ

若手社員の教育法が変わる!

イマドキの人達の扱いが難しく、「若手社員の教育が出来ない」と悩んでいる人たちは多いのではないでしょうか。すぐに会社を辞める人、やる気を出さない人、能力がない(本当はあるのですが)人・・・。

しかし、そんなに若い人たちが悪いのでしょうか?「最近の若者は使えん!」という固定観念が育成を邪魔しているのではないでしょうか。

そこで発想を変えて、若手社員への教育方法を変えてみるのはいかがでしょうか。

若手社員が育たない理由は?

そもそもなぜ若い社員が育ってくれないのでしょうか。個人の能力も無関係とは言えませんが、教育する側の人達の連携が取れていないのも大きな理由のひとつなのではないでしょうか。

かつては先輩の仕事ぶりを真似しながら上達していくものでしたが、今はきちんとマニュアルを作って優しく説明してあげる必要があるのです。

また、昔の体育会系のように叱り飛ばす方法も通用しなくなりました。「褒めて伸ばす」ことが何より重要なのです。

今の新人の置かれている立場

市場の環境が厳しくなった今、新入社員にも高いスキルが要求されるのです。だからこそ丁寧に説明する必要があるのです。仕事のレベルが高い分慣れるまで時間がかかります。教育する人たちも「自分たちの時代とは違う。今の子は過酷な状況に置かれているんだ」という事をよく理解すべきです。

そんな若い子には積極的に声をかけてあげましょう。「今の子は手がかかる」なんて言わず、どんどん手をかけてあげればいいのです。最初は出来なくて当然です。出来るようになるまで温かく見守ってあげましょう!

まとめ

世代間におけるギャップは必ずあります。それを放置していては何の解決にもなりません。異なる世代の人の考え方を理解し、それに合わせた教育をしていくべきなのではないでしょうか。

 

助成金を活用した人財育成はこちら
https://www.jp-alphanet.com/service

関連記事

  1. 社員教育の担当者におすすめの本10冊。

  2. 自主性と積極性を持つ社員を育成する。新入社員の人材育成とは?

  3. 同期の再会が一つのキッカケに

  4. OJTとOffjtを効果的に活用しよう

  5. イマドキの若者は上昇志向がない!?

  6. 『メンタルの強さ』があなたと企業の未来を明るくする

おすすめ記事

  1. 正社員転換制度における課題(第1回)
  2. 非正規社員の教育がカギを握る
  3. なぜ、今「セルフ・リーダーシップ」が求められているのか
  4. 社員研修を改革しよう
  5. 内部が不透明な企業は成長しない

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る