閉じる
  1. 非正規社員の教育がカギを握る
  2. 正社員転換制度における課題(第1回)
  3. 社員研修を改革しよう
  4. 内部が不透明な企業は成長しない
  5. なぜ、今「セルフ・リーダーシップ」が求められているのか
閉じる
閉じる
  1. 会議を効率化させる5つのポイント
  2. 「人工知能がヒトの仕事を奪う」という妄想と人材育成について
  3. あなたもパワハラ上司予備軍に?!職場に潜む危険因子とは?
  4. みんな意外と知らない起業のリスク。それは「孤独」ということ
  5. ロジカルシンキングの基本
  6. あなたの職場は本当に大丈夫?もし明日地震が来た時の対策!
  7. 社員の健康管理できていますか。
  8. 中途採用でもポテンシャル採用が広がっている!
  9. 人材育成に行き詰まった時に、参考にしたい本5選
  10. 上司が部下に行うマネジメントで注意したい8つのこと
閉じる

人財ラボ

『真の』上司になり、権限委譲をしていく

 部下を育てられない上司

会社の業績を上げていくには、上司がしっかりし部下が育っていかなければなりません。しかし、肝心の上司が頼りない事が結構多いように感じます。具体的には次の2つが挙げられます。

1 「忙しい」を連呼する上司 

よくあるパターンなのではないでしょうか。忙しいから若手の育成が出来ないと半ば“言い訳”をする人が多いように思います。こういう人は本当に忙しいというよりは仕事の優先度が分かっていないのです。そもそも仕事の優先順位は上からの期待度で決まります。

しかし、大半の人は自分で勝手に優先度を決めてしまいます。そうなると任せるべき仕事を部下に任せられなくなり、自分で仕事を抱え込んでしまうのです。たがら必要以上に自分を忙しくしてしまうのではないでしょうか。

2 権限委譲が出来ない(しない)

部下に権限委譲できない理由は他にもあります。権限委譲以前の問題として、本当に権限委譲したいと思っているのかが疑問です。頼ってばかりいる上司には見られたくないでしょうし、「まだまだ自分で出来るのでは」という思いがあると考えられます。権限委譲が出来ないのは上司自身が理由なのです。それを「難しいから」の一言で片づける人が多いのです。

また、「自分は難しい仕事をやっている。そう簡単に後輩に任せてたまるか」と考える人もいます。完全な自己防衛ですね。自分を大きく見せようとする事しか考えていません。こんな事では部下に新しい仕事が回って来ず、部下の成長が出来ないのです。

自分を見つめなおす機会に

ここで、自分の気持ちを整理する事が大切なのではないでしょうか。まず「部下に仕事を任せたくない」というプライドを捨て、「会社全体が良くなるためには部下に何をしてもらうのか」を考えましょう。仕事は1人で出来るものではありません。チームで協力し合って初めて成し遂げられるものなのです。「自分が、自分が」というスタイルは周りから見ても気分がよくないものです。

次に、仕事の整理をしましょう。先に述べたように、経営者が求めている(期待している)事を客観的に判断し、仕事の優先順位をつけていきます。その上で、任せられる仕事は部下に任せたらいいのです。「部下に押し付けると思われるのが嫌だ」と思うのなら、自分が全力で仕事に取り組んでいる姿勢をアピールすればよいのです。これは非常に大切な事で、部下からの信頼にもつながります。

まとめ

自分を客観的に見つめ、会社全体の事を考え部下に思いやりの気持ちを持って接すると、自然に良い人材が出来上がってきます。それが出来るかどうかは上司自身の考えにかかっていると言えそうです。

 

自立した社員を育てる仕組みはこちら
https://www.jp-alphanet.com/service

 

関連記事

  1. 信頼される上司になるには?

  2. 意識を逆にしてやる気を保つノルマより達成感を大切にしよう

  3. バーベキューにも仕事にもそれぞれの役割がある

  4. 強力な組織づくりのためにどのような人材育成をすればいいのか?

  5. 上司が「言う」だけでは人材は育たない

  6. 若手社員とのコミュニケーションは取れていますか?

おすすめ記事

  1. 正社員転換制度における課題(第1回)
  2. 非正規社員の教育がカギを握る
  3. なぜ、今「セルフ・リーダーシップ」が求められているのか
  4. 社員研修を改革しよう
  5. 内部が不透明な企業は成長しない

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る