閉じる
  1. 内部が不透明な企業は成長しない
  2. 非正規社員の教育がカギを握る
  3. 正社員転換制度における課題(第1回)
  4. なぜ、今「セルフ・リーダーシップ」が求められているのか
  5. 社員研修を改革しよう
閉じる
閉じる
  1. 会議を効率化させる5つのポイント
  2. 「人工知能がヒトの仕事を奪う」という妄想と人材育成について
  3. あなたもパワハラ上司予備軍に?!職場に潜む危険因子とは?
  4. みんな意外と知らない起業のリスク。それは「孤独」ということ
  5. ロジカルシンキングの基本
  6. あなたの職場は本当に大丈夫?もし明日地震が来た時の対策!
  7. 社員の健康管理できていますか。
  8. 中途採用でもポテンシャル採用が広がっている!
  9. 人材育成に行き詰まった時に、参考にしたい本5選
  10. 上司が部下に行うマネジメントで注意したい8つのこと
閉じる

人財ラボ

仕事ではゴールだけを見ろ!!

みなさんは学生時代、受験勉強やクラブ活動で「最後までやり遂げた!」という経験はありますか?途中で挫折した人も多いでしょう。学生時代ならまだ許されていましたが、仕事はそうはいきません。体調が悪くてもストレスが溜まっていても仕事は“完成”させないといけません。

ゴールを見据えることの重要性

そのために必要なのが「ゴール(目標)だけを見据えること」です。この「だけ」がポイントです。物事をスタートさせてからゴールにたどり着くまでにさまざまな障害があるはずです。多くの人はスタートの少しあとくらいからこの障害を意識してしまうのではないでしょうか。「もし途中で失敗したらどうしよう」「誰かに否定されたらどうしよう」という悩みが頭の中を駆け巡ると思います。

ここで大事なのはゴールだけを意識して、途中に訪れるであろう障害を頭から消してしまうことです。こうすることで悩みや不安は解消されますし、ゴールを強く意識するとやる気が出てきます。

大切なのはやり遂げること

悩みを持つのは誰しもあることです。しかし、悩むことはすでに解決の道筋を見出しているのではないでしょうか。ここでこうすればよかった…という思いは次に生かしましょう。常に、ボールは目の前にあります。失敗は次に生かし、前進していく、このような姿勢が今の社会には必要ではないでしょうか。

まとめ

ストレス社会と言われる世の中で、先の事への不安は大きくて当たり前です。それでも仕事は最後までやり遂げなければなりません。上で述べたことは一種のトレーニングのようなものです。途中の障害を忘れようと絶えず意識することで、ゴールが大きく見えるようになると思います。

 

 

実質無料で出来る人財育成はこちら
https://www.jp-alphanet.com/service

 

関連記事

  1. チームの成果を最大化する運営のコツ

  2. 「イマイチ」社員の改造

  3. 上司が部下になる日

  4. 優秀だがなぜだか敵を作ってしまう人とは

  5. 褒めることで部下を評価する。上司が知りたい部下育成。

  6. みんなでコミュニケーションを取りましょう

おすすめ記事

  1. 正社員転換制度における課題(第1回)
  2. 非正規社員の教育がカギを握る
  3. なぜ、今「セルフ・リーダーシップ」が求められているのか
  4. 社員研修を改革しよう
  5. 内部が不透明な企業は成長しない

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る