閉じる
  1. 非正規社員の教育がカギを握る
  2. 正社員転換制度における課題(第1回)
  3. 社員研修を改革しよう
  4. 内部が不透明な企業は成長しない
  5. なぜ、今「セルフ・リーダーシップ」が求められているのか
閉じる
閉じる
  1. 会議を効率化させる5つのポイント
  2. 「人工知能がヒトの仕事を奪う」という妄想と人材育成について
  3. あなたもパワハラ上司予備軍に?!職場に潜む危険因子とは?
  4. みんな意外と知らない起業のリスク。それは「孤独」ということ
  5. ロジカルシンキングの基本
  6. あなたの職場は本当に大丈夫?もし明日地震が来た時の対策!
  7. 社員の健康管理できていますか。
  8. 中途採用でもポテンシャル採用が広がっている!
  9. 人材育成に行き詰まった時に、参考にしたい本5選
  10. 上司が部下に行うマネジメントで注意したい8つのこと
閉じる

人財ラボ

社員研修を外部委託するメリット・デメリットとは。

企業にとって人材育成は重要な課題です。社員が育たず困っている企業も少なくないでしょう。そこで一つの方法として社員育成のための研修を外部委託することがあります。もちろんメリット・デメリットの両面があるので任せる場合は慎重に検討しなければいけません。

外部委託する場合の注意点

注意点としてどのような教育が必要なのかを伝えていかなければいけません。当然のことながら教育を丸投げしても効果は乏しくなります。

例えば新入社員であれば業務をスムーズに行っていくことが求められます。しかし管理職であれば人をまとめる能力、現場と経営トップをつなぐパイプ役といったことが求められます。求められる能力は当然違ってきます。

社員がどのように成長してほしいのか明らかにしましょう。そしてそれを委託先の企業に知ってもらう必要があるのです。

外部委託のメリット

 

自社で育成する場合、教育担当者が必ずしも教えることが上手だとは限りません。仕事で成果を上げた人が担当することも多いのですが教えることとは別の能力が必要になるからです。むしろ仕事ができるからこそできない理由がわからず教え下手という事も珍しくありません。外部委託であればプロが教育することから質の高い教育を受けることが大きなメリットと言えます。

また仕事を教える際に身近な人から言われると大事な事であっても反発するケースはよくあります。しかしプロから教えてもらう場合、素直に耳を傾ける傾向にあるようです。そして社内にはない知識やスキルを学ぶことができます。そこから新しい発想を得ることや刺激を受けることもあります。

外部委託のデメリット

一方のデメリットは自社に合わせたきめ細かい人材育成がしにくいことです。効果的な人材育成を行うには委託先との綿密なやり取りが必要になります。ある程度の手間はかけなければいけません。場合によってはこのことが負担になることもあります。

また外部委託によって人材育成をしたつもりになることもあります。しかし実際は委託先に任せきりで成果が上がっていないケースもあるのです。

 まとめ

外部委託するメリットとしては質の高い教育を受けることができるといったことや新しい発想を受けることができるといった点です。一方デメリットとしては委託する場合であってもある程度の手間はかかってしまうということです。企業が業績を上げて生き残るには社員の成長が欠かせません。外部企業に任せるなら責任を持って「○○ができる人材に育ててほしい」と要望するべきです。

 

助成金を活用した人財育成はこちら
https://www.jp-alphanet.com/service

 

関連記事

  1. 褒めて部下を成長させるコツ

  2. 新入社員を育てるための3つのポイント

  3. 上司と部下の対等な関係が指導を変える。心を掴み部下を動かせ。

  4. 「伝え方」を上達させる4つの方法

  5. 若手社員の早期離職を防ぐために、企業が取り組むべき対策とは?

  6. なぜ人材の訓練が必要なのか

おすすめ記事

  1. 正社員転換制度における課題(第1回)
  2. 非正規社員の教育がカギを握る
  3. なぜ、今「セルフ・リーダーシップ」が求められているのか
  4. 社員研修を改革しよう
  5. 内部が不透明な企業は成長しない

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る