閉じる
  1. なぜ、今「セルフ・リーダーシップ」が求められているのか
  2. 非正規社員の教育がカギを握る
  3. 社員研修を改革しよう
  4. 内部が不透明な企業は成長しない
  5. 正社員転換制度における課題(第1回)
閉じる
閉じる
  1. リーダーシップは引っ張っていくだけで良いものなのか?
  2. 職場でのストレスを減らすためには
  3. OJTとOFF-JTを組み合わせて人材を育成しよう
  4. 出産を機に仕事を辞めると生涯年収は大きく変わる
  5. コミュニケーションで大事なこと
  6. 組織にネットワークの力を!!
  7. 今までのOJTを改善して、高いレベルの人材を育成しよう
  8. 部下のやる気を上げるためにはどうすべきなのか
  9. 人事評価を有効なものにするためには
  10. それぞれの立場に合わせた社員研修とは
閉じる

人財ラボ

OJT,OffJT,自己啓発 それぞれの長所短所とは

企業が人材育成を考える時の代表的な手法はOJT,Offjt、自己啓発でしょう。「OJT」とは職場の先輩や上司の指導により現場で育てる方法です。「OffJT」は社外での研修やセミナーで育てる方法です。自己啓発だけはやや毛色が違い本人の意思が必要です。それぞれに良い点、悪い点がありそれを踏まえた上で人材育成に生かしていきましょう。

「OJT」の長所・短所

人材育成というと真っ先にOJTとなるのは使い勝手のよさがあるからです。現場でのトレーニングになるためすぐに効果が出ます。できる限り早く戦力になってもらいたいときに有効なのです。また教育するための費用も社外での研修やセミナーと比べ安くなります。

このようなメリットがある反面指導に向いている人が担当者になるとは限りません。自分の仕事を抱えながら教育することに負担を覚える人も少なからずいます。OJTと称し現場丸投げでまともな教育が行われていないこともあります。計画を立て目標に向けて教育していくことが必要です。

「OffJT」の長所・短所


OffJTでは仕事現場から離れて行われるため育てることに特化した指導を受けることが可能です。講師は教えることを専門でしていることも挙げられます。職場での教育となると教育担当者が忙しくて適切な教育を受けることができない場合もあるのです。多くの人を教育することにも向いています。

その反面教育するための費用は高めになります。理論や基本的なことを学ぶので現場ですぐ効果が出るわけではありません。

自己啓発の長所・短所


自信につながり伸ばしたい能力を伸ばすことができます。考え方の幅を広げることにもなります。社員が自ら成長してくれることは企業にとっても好ましいことです。

そこで成長したいという気持ちを後押しするために自己啓発を支援する制度も必要でしょう。企業独自ものでなくとも厚生労働省から自己啓発に取り組む従業員を支援する取り組みがあります(キャリア形成促進助成金・教育訓練給付金)。これらの制度を活用することも有効です。

ただし本人の意志が必要になってくるのでその気にならなければどうしようもありません。

まとめ

「OffJT」は言ってしまえば理論です。「OJT」は実践と言えます。どちらの方法もメリット・デメリットがありますが2つの方法で短所を補い長所を活かしていきましょう。理論と実践の両輪で社員の成長を促し教育していくのです。またそれだけでなく自己啓発を支援することも人材育成の観点から有効です。

関連記事

  1. 退職を止められない―なぜ若手が辞めていくのか

  2. 成長する企業は「PDCAサイクル」ができている

  3. 社員研修を外部委託するメリット・デメリットとは。

  4. 人材育成方法の移り変わり

  5. 若者と向き合う

  6. 上司と部下の対等な関係が指導を変える。心を掴み部下を動かせ。

おすすめ記事

  1. 正社員転換制度における課題(第1回)
  2. 非正規社員の教育がカギを握る
  3. なぜ、今「セルフ・リーダーシップ」が求められているのか
  4. 社員研修を改革しよう
  5. 内部が不透明な企業は成長しない

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る