閉じる
  1. 正社員転換制度における課題(第1回)
  2. 内部が不透明な企業は成長しない
  3. なぜ、今「セルフ・リーダーシップ」が求められているのか
  4. 非正規社員の教育がカギを握る
  5. 社員研修を改革しよう
閉じる
閉じる
  1. 会議を効率化させる5つのポイント
  2. 「人工知能がヒトの仕事を奪う」という妄想と人材育成について
  3. あなたもパワハラ上司予備軍に?!職場に潜む危険因子とは?
  4. みんな意外と知らない起業のリスク。それは「孤独」ということ
  5. ロジカルシンキングの基本
  6. あなたの職場は本当に大丈夫?もし明日地震が来た時の対策!
  7. 社員の健康管理できていますか。
  8. 中途採用でもポテンシャル採用が広がっている!
  9. 人材育成に行き詰まった時に、参考にしたい本5選
  10. 上司が部下に行うマネジメントで注意したい8つのこと
閉じる

人財ラボ

リーダーの育て方

「一頭のライオンに率いられた百匹のヒツジの群れは、一匹の羊に率いられた百頭の狼に勝る」。

ご存知の方も多いと思いますがリーダーの重要性を語ったナポレオンの言葉です。

リーダーとプレーヤーの違い

プレーヤーとして優秀であったとしてもリーダーとして優秀とは限りません。むしろ優秀であったために部下の気持ちがわからないことも少なくありません。優れているからこそ自らのやり方を押し付けてしまいがちです。 

しかしそれを使いこなす能力がなければ消化不良を起こしてしまいます。その結果リーダー、部下それぞれに不満が出てしまいます。プレーヤーとしての能力とリーダーの能力とはまた別物です。ではどのような能力が必要となるのでしょうか。

必要な能力

人をまとめる力がないとチームがバラバラでそれぞれのメンバーが別の方向を向いているということになりかねません。

的確な指導ができるか。ミスをしたときに「注意しろ」「気をつけろ」といった言葉ではどこをどのように改善したらいいかわかりません。具体的にどこが悪いかを伝えることで部下も成果を出せるのです。

最も必要とされるのはビジョンを示せるかです。それを示さないのは大海原で羅針盤を持たずに進むようなものです。チームの進むべき道を示すことによってみんなが一丸となって仕事に取り組むことが出来るのです。

かつてはリーダーには人を引っ張る力が必要だと考えられていました。しかし現在はビジョンを伝えメンバーに浸透させ、具体的な業務は個人に任せるタイプのリーダーも出てきました。以前と比べて変化のスピードが速くなっている昨今、新たな課題を発見し解決できる人材を育てることが必要です。人の共感を得たビジョンを示すことが出来れば将来の見通しに沿って自ら考えて動いていくことが可能です。

リーダーシップは後天的に学習できる

リーダーを育てリーダーシップを発揮してもらうにはどうしたらいいでしょうか。リーダーシップ論で世界的な権威を持つジョン・アデア氏によるとリーダーシップは生まれつきのものではなく後天的なものであり現在、主流の考え方となっています。

これは学習によって伸びることを示しています。 リーダーになる人も最初から能力を備えているとは限りません。突き放すことなくサポートしながら リーダーとしての自覚を促します。求められている役割を自覚できれば日々の取り組みに変化が出てくるでしょう。行動や立ち振る舞いを学ぶことでリーダーにふさわしい人物となっていくでしょう。

 

実質無料で出来る人財育成はこちら
https://www.jp-alphanet.com/service

 

関連記事

  1. 人材不足のIT企業で競争を制するには

  2. いかにして食い止める?新入社員の早期離職!

  3. ユニークな研修が強い会社を生む

  4. 環境の変化における組織改革

  5. 新入社員の育成は現場に放り込めば済むというものではない

  6. あなたの周りにもいる「怪しい」社員

おすすめ記事

  1. 正社員転換制度における課題(第1回)
  2. 非正規社員の教育がカギを握る
  3. なぜ、今「セルフ・リーダーシップ」が求められているのか
  4. 社員研修を改革しよう
  5. 内部が不透明な企業は成長しない

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る