閉じる
  1. 社員研修を改革しよう
  2. 正社員転換制度における課題(第1回)
  3. 非正規社員の教育がカギを握る
  4. 内部が不透明な企業は成長しない
  5. なぜ、今「セルフ・リーダーシップ」が求められているのか
閉じる
閉じる
  1. 出産を機に仕事を辞めると生涯年収は大きく変わる
  2. コミュニケーションで大事なこと
  3. 組織にネットワークの力を!!
  4. 今までのOJTを改善して、高いレベルの人材を育成しよう
  5. 部下のやる気を上げるためにはどうすべきなのか
  6. 人事評価を有効なものにするためには
  7. それぞれの立場に合わせた社員研修とは
  8. OJTとOffjtを効果的に活用しよう
  9. 褒めて部下を成長させるコツ
  10. 教えて!『マネジメント能力』とは何?
閉じる

人財ラボ

会社を活性化させるための3つのアイデア

バブル崩壊や少子高齢化に伴って、日本の市場を取り巻く状況は厳しくなっています。企業は生き残りに必死ですが、やはり組織が元気でないと会社は長続きしません。今回は組織を活性化するためのアイデアを考えてみました。

1つ目のアイデア 

経営の目的と社員の役割を明確化する

 

社員のやる気がない大きな理由として挙げられるのが、「経営の目的が伝わっていない」ことです。何のために働いているのかが分からないとやる気や能率が落ちていきます。経営者自身の考え・会社の目的や方針を社員全員にしっかりと伝えることが大切です。

また、一人ひとりの役割を分ける事も忘れてはなりません。自分が会社にとってどう役に立っているのかは気になるものです。もしできていなかったら、「あなたには○○の分野で貢献してほしい」「あなたの△△のおかげで非常に助かっているよ」など声をかけてあげましょう。社員も組織のために頑張ってくれるでしょう。また役割を果たし続けるためのトレーニングも大切です。

これが会社を活性化させるための1つ目のアイデアです。

2つ目のアイデア 

公平に評価し、成果に応じて待遇を上げる

会社に大いに貢献してくれる社員には感謝の意を表さなくてはなりません。言葉でも伝わりますが、一番は「給与」です。ストレートかもしれませんが、生活をかけている社員にとって給料が上がるのは大変うれしいことです。経営側もそのことをよく理解し、実績を挙げればどんどん給与(ボーナスでもいいです)を与えましょう。これが会社を活性化させるための2つ目のアイデアです。この時に大事なのは公平に評価することです。ひいきをすると妬みなどのマイナスの感情が渦巻き、会社にとって大きなダメージになります。

3つ目のアイデア 

コミュニケーションを取ることが会社の活性化につながる

職場での悩みでよくあるのは人間関係です。ギスギスした不機嫌な職場では情報共有もスムーズにいきません。些細なことが大きな事故につながります。このようなことは避けなければいけません。

そこでコミュニケーションを積極的に取ることが必要になってくるのです。

これにはいくつものメリットがあります。

  1. 普段あまり知らない人と話すことでお互いを知ることができる
  2. 報告がスムーズになる
  3. トラブルや困っていることがあっても把握しやすくなる
  4. 会社のビジョンが浸透しやすくなる
  5. 職場の雰囲気が明るくなる
  6. 働きやすくなることで離職が減る

このような多くの利点があり職場の活性化につながります。

まとめ

働いている人たちはみんな大人です。それぞれの考え方、それぞれの家庭があります。そういう人たちが1カ所に集まると衝突は避けられません。職場の雰囲気も悪くなります。ここが経営者の出番で、社員が会社の目標という一つの方向に向かって頑張れるよう工夫する必要があります。これまで述べたアイデアを実践できれば、会社の活性化につながります。

 

自立した社員を育てる仕組みはこちら
https://www.jp-alphanet.com/service

 

関連記事

  1. 人事評価制度でお給料が決まるのではない!!

  2. 業績が良い企業の評価法

  3. すぐにまるわかり!出来る人事評価基準

  4. 人材アセスメントで注意すべきこと

  5. 正しい人事評価のための5つの原則

  6. 人事評価制度 / コンサルティング企業のサポートで「次世代リーダ…

おすすめ記事

  1. 正社員転換制度における課題(第1回)
  2. 非正規社員の教育がカギを握る
  3. なぜ、今「セルフ・リーダーシップ」が求められているのか
  4. 社員研修を改革しよう
  5. 内部が不透明な企業は成長しない

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る