閉じる
  1. 内部が不透明な企業は成長しない
  2. 正社員転換制度における課題(第1回)
  3. 社員研修を改革しよう
  4. 非正規社員の教育がカギを握る
  5. なぜ、今「セルフ・リーダーシップ」が求められているのか
閉じる
閉じる
  1. 会議を効率化させる5つのポイント
  2. 「人工知能がヒトの仕事を奪う」という妄想と人材育成について
  3. あなたもパワハラ上司予備軍に?!職場に潜む危険因子とは?
  4. みんな意外と知らない起業のリスク。それは「孤独」ということ
  5. ロジカルシンキングの基本
  6. あなたの職場は本当に大丈夫?もし明日地震が来た時の対策!
  7. 社員の健康管理できていますか。
  8. 中途採用でもポテンシャル採用が広がっている!
  9. 人材育成に行き詰まった時に、参考にしたい本5選
  10. 上司が部下に行うマネジメントで注意したい8つのこと
閉じる

人財ラボ

新入社員に対する教育法とは

新しく入ってくる従業員たち、特に新卒の従業員たちには何かと特徴を言い表した言葉があります。確かに新卒の従業員への教育を考えるにあたってそれらの性格を表した言葉は今後の教育方法に考えをお及ぼすことになるかもしれません。

ただそれは、十分に経験を積んだ従業員にとっては意味をなさないものであることも同時に考えさせられるものでもあります。新卒の従業員にとって最も必要とされていることはなんでしょうか。

従業員への教育・新卒編

当然ですが、「智見」、「ナレッジ・知的情報」がまずは必要とされることになります。営利目的である企業は企業体の従業員としての最低限の立ち振る舞い、良識ある行動が求められます。その教育にあたって企業は非常に力を注いでいます。業務における立ち振る舞いや身なりといったものは、最低限必要とされる技術ですが新卒の従業員にはそのような技術の習得の機会は限られているのが実情ではないでしょうか。

営業などでは相手が新卒であろうと従業員には変わりなく、そのままその従業員のイメージが企業イメージともなりかねません。注意が必要なポイントです。

大きな問題に発展しないために

通知、コミュニケーション、話し合いといった従業員にとって当然知っているべき技術は何よりも初めに修得に向け行動させるべきでしょう。通知義務があることを教育すると何でも伝えようとする傾向があるため「何が言いたいのか、起承転結の最後から伝える」ことを学ばさせていかなければなりません。

法的に問題のある行動も企業にとっては大きなダメージを被ることもあるため絶対に教育していきましょう。ヒエラルキーの底辺にいる従業員の犯罪行為のために、企業が多額の損害賠償請求を受けるといったこともあるため、重要な教育と捉えるべきです。

PCスキルの見直し

エクセルやワードといった技術は現在では中学や高校でも学ぶ機会があり、あえて企業内で教育していく必要がないと考える方もおられるかもしれませんが、一度技術の見直しを検討し教育していくことが不可欠となります。子供たちの連絡手段と企業間のものでは違うのは当たり前です。

よく理解させていかなければ、軽度なものであれ過失の可能性もあり得ます。講義を受けるといったケースもあるでしょうが、OJTといった職務を経験し、技術の習得を目指すといったことも検討していくといいでしょう。新卒の従業員たちの行動にも目を配らせていくと、それぞれの従業員たちがどのような行動を取っているかがわかります。

まとめ

集団での行動が企業においてはベースとなってきます。まずは全体の職務に従事させていく、またその中で職務のひとつひとつを教育していきましょう。

職務のフローを意識させて、企業風土に馴染むようにしていかなければ「3か月で辞める従業員」になりかねません。企業の一員であることを自覚させ、その職務のリターンとしての給与であることを理解させましょう。必要な技術は多岐にわたるかもしれませんが、ひとつひとつ教育し企業に必要な従業員を生み出していきましょう。

 

 

実質無料で出来る人財育成はこちら
https://www.jp-alphanet.com/service

 

関連記事

  1. 『ミドル層』の活性化には上司との連携が不可欠

  2. 新入社員への仕事の教え方で意識したいたった一つのポイント

  3. 成長戦略に欠かせない女性のチカラ

  4. 人材育成のための適切な研修とは

  5. 成長する企業は「PDCAサイクル」ができている

  6. OJTとOFF-JTを組み合わせて人材を育成しよう

おすすめ記事

  1. 正社員転換制度における課題(第1回)
  2. 非正規社員の教育がカギを握る
  3. なぜ、今「セルフ・リーダーシップ」が求められているのか
  4. 社員研修を改革しよう
  5. 内部が不透明な企業は成長しない

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る