閉じる
  1. 社員研修を改革しよう
  2. 内部が不透明な企業は成長しない
  3. 正社員転換制度における課題(第1回)
  4. なぜ、今「セルフ・リーダーシップ」が求められているのか
  5. 非正規社員の教育がカギを握る
閉じる
閉じる
  1. 会議を効率化させる5つのポイント
  2. 「人工知能がヒトの仕事を奪う」という妄想と人材育成について
  3. あなたもパワハラ上司予備軍に?!職場に潜む危険因子とは?
  4. みんな意外と知らない起業のリスク。それは「孤独」ということ
  5. ロジカルシンキングの基本
  6. あなたの職場は本当に大丈夫?もし明日地震が来た時の対策!
  7. 社員の健康管理できていますか。
  8. 中途採用でもポテンシャル採用が広がっている!
  9. 人材育成に行き詰まった時に、参考にしたい本5選
  10. 上司が部下に行うマネジメントで注意したい8つのこと
閉じる

人財ラボ

企業内で管理職に必要なのもとは何か?

マネジメントを遂行するにあたって、必要とされる技術というものがありますが、その技術の習得には、ただ研修を行えばいいというものではありません。

当然ですが、日々の業務の遂行の中で身に着けていく技術と、研修などにおいて習得可能な技術というものがあります。その技術習得には、大まかに三つのステップがありますので記載していきます。

管理職に要求される技術

 コミュニケーション能力

%e4%bd%bf%e7%94%a8%e6%b8%88%e3%81%bf%e3%80%80%e3%80%90%e7%94%bb%e5%83%8fc%e3%80%91-1どのような業務に従事するにあたっても、意思疎通は重要になってくるはずです。会社内での人間関係は言うに及ばず、自身の周りにいる方々とのコミュニケーション。その日々の業務を行う能力です。

業務遂行能力

%e4%bd%bf%e7%94%a8%e6%b8%88%e3%81%bf%e3%80%80%e3%80%90%e7%94%bb%e5%83%8fd%e3%80%91業務遂行のために必要とされる知識・技術といった研修で行う講義でも全てではありませんが習得出来る能力です。

まずは、この能力がなければ、管理職どころか専門的な業務に従事することも困難になります。

状況把握力

%e4%bd%bf%e7%94%a8%e6%b8%88%e3%81%bf%e3%80%80%e3%80%90%e7%94%bb%e5%83%8fc%e3%80%91自身の周りで起きている出来事や状況を判断する能力です。情報収集能力も含めます。企業の現状から将来への予測、そのための情報収集や現状把握、何かの出来事に対しての状況に合わせた的確な行動といったものも含めます。

将来に向け、企業の発展のために必要なクリエイティブな行動やそれを実現していく力も同時に必要になっていきます。

段階に応じ、管理職のレベルアップが必要になる

コミュニケーション能力の必要性は、どのような場合でも当たり前ですが認めるところです。当然ですが、どのような業務においても報告・連絡・相談といったことが必要ですし、そのためには、正確に伝えるコミュニケーション能力が必要になってきます。

また、企業内における管理職には、そのコミュニケーション能力にプラスして他の従業員以上の業務遂行能力が必要になっていきます。部下への指導、指揮していくためには多くの知識と技術が必要になっていきます。

そして、管理職のレベルが向上するごとに状況把握力というものが必要になっていきます。企業内で起きる出来事に的確に対処し、また今後の企業のためにどのように行動すべきかを認識する。そのような高い見識をもって業務に取り組む必要が出てきます。

まとめ

業務遂行能力、状況把握力、コミュニケーション能力など管理職には管理職としてのスキルが必要である。また、部下への指導のためには大いにレベルアップを計っていくべきです。

 

 

自立した社員を育てる仕組みはこちら
https://www.jp-alphanet.com/service

 

関連記事

  1. 管理職に求められているものとは何か?

  2. 会社における消費者願望充足の重要性の理解不足

  3. 「ヤフーの1on1」を読んだ感想

  4. 若手社員のモチベーションをどう上げていくのか?

  5. 新任管理職が心構えるべき3つのポイント

  6. 日本の女性管理職を増やしましょう

おすすめ記事

  1. 正社員転換制度における課題(第1回)
  2. 非正規社員の教育がカギを握る
  3. なぜ、今「セルフ・リーダーシップ」が求められているのか
  4. 社員研修を改革しよう
  5. 内部が不透明な企業は成長しない

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る