閉じる
  1. 内部が不透明な企業は成長しない
  2. 社員研修を改革しよう
  3. なぜ、今「セルフ・リーダーシップ」が求められているのか
  4. 非正規社員の教育がカギを握る
  5. 正社員転換制度における課題(第1回)
閉じる
閉じる
  1. 会議を効率化させる5つのポイント
  2. 「人工知能がヒトの仕事を奪う」という妄想と人材育成について
  3. あなたもパワハラ上司予備軍に?!職場に潜む危険因子とは?
  4. みんな意外と知らない起業のリスク。それは「孤独」ということ
  5. ロジカルシンキングの基本
  6. あなたの職場は本当に大丈夫?もし明日地震が来た時の対策!
  7. 社員の健康管理できていますか。
  8. 中途採用でもポテンシャル採用が広がっている!
  9. 人材育成に行き詰まった時に、参考にしたい本5選
  10. 上司が部下に行うマネジメントで注意したい8つのこと
閉じる

人財ラボ

若い先輩の社員にやらせてみたい「OJTトレーナー」

OJTシステムとは、上司から部下に実務を通して知識やスキルを学習してもらうシステムで、日本の企業では大変な強みを持っていました。しかし、情勢の変化などで、OJTが根付いてない現状もあります。大学卒業をしたばかりの新人社員の教育は先輩にゆだねられています。

先輩が後輩を指導することをOJTトレーナーという名称で行われます。トレーナーになるための学習の場も沢山あります。社内全体が協力して新人教育に向かうことは大切で、トレーナーになった社員は実力を新人に提示することで、自らの知識・スキルを改めて振り返る良いチャンスを得ることになります。

新人を育てることができる職場とは?

職場では、チームを組んで目標を定め、それに邁進するために「こうであらねばならない」と言ったルールを定め目的意識を一定に保ちます。ただ、その約束事が「今までのルールに従う」「今週の売り上げの目標達成」と言った昔ながらの古いものであると、新人もそのように育成されてしまいます。ですから、社内で古いルールを打ち破る意識改革が必要となってきます。

大事なことは仕事に関する目的・ルールなどを全員で共有しておかなければいけません。社内での人間関係を円滑にし、仕事に対して前向きな発想・反省を行う事で、対話をしながらより理想に近い形を共有します。

新人の人材育成ができにくい職場とは?

新人の育ちにくい環境の例を挙げます。

・自分の意思を表にだせない雰囲気がある

・お互い我関せずで、互助の気持ちが育っていない

・コミュニケーションが少なく、社内に活気がない

・伝達された情報が上手く伝わらない

テレビでは某アイドルグループが多人数でいるにも関わらず、仲よく一丸となって活躍している姿が見受けられます。これは内部でのコミュニケーションが上手くいき、皆が同じ目標に向かって進んでいるという良い例です。

これを、企業に当てはめてみましょう。人間関係がダメになって辞めていく人も多々見受けられるほど「社内環境」がおろそかになっています。

新人の育ちにくい環境がみられる職場では、その育成に困難をきたします。

政府の「若年層雇用実態調査」によると約2割が人間関係に躓いて離職しています。一番多い労働条件が合わないということの次に上がってきているので、職場環境の重要さが理解できると思います。社員教育には、風邪通しのよい環境と、コミュニケーションが欠かせません。

まとめ

企業に新人が入ってきたら、その能力を最大限にのばしたいものです。それには社内ぐるみで支えあう雰囲気が必要です。安定した環境や人間関係がある社内は新人のモチベーションも高くなり、能力も発揮できやすい職場となります。

新人には沢山勉強をし学んでもらいたいことがありますが、それには新人の育成しやすい環境であるかどうか、もう一度見直してみましょう。

 

助成金を活用した人財育成はこちら
https://www.jp-alphanet.com/service

関連記事

  1. 人を育てる際に気を付けなければいけないポイントとは

  2. 「怒る」と「叱る」で人材育成は大きく変わる!

  3. それぞれの立場に合わせた社員研修とは

  4. なぜ、若手社員はすぐに辞めてしまうのか。組織として知っておくべき…

  5. 新入社員を育てるための3つのポイント

  6. 以前の常識は通用しない 新入社員の育て方にはコツがある

おすすめ記事

  1. 正社員転換制度における課題(第1回)
  2. 非正規社員の教育がカギを握る
  3. なぜ、今「セルフ・リーダーシップ」が求められているのか
  4. 社員研修を改革しよう
  5. 内部が不透明な企業は成長しない

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る