閉じる
  1. 非正規社員の教育がカギを握る
  2. なぜ、今「セルフ・リーダーシップ」が求められているのか
  3. 社員研修を改革しよう
  4. 正社員転換制度における課題(第1回)
  5. 内部が不透明な企業は成長しない
閉じる
閉じる
  1. 会議を効率化させる5つのポイント
  2. 「人工知能がヒトの仕事を奪う」という妄想と人材育成について
  3. あなたもパワハラ上司予備軍に?!職場に潜む危険因子とは?
  4. みんな意外と知らない起業のリスク。それは「孤独」ということ
  5. ロジカルシンキングの基本
  6. あなたの職場は本当に大丈夫?もし明日地震が来た時の対策!
  7. 社員の健康管理できていますか。
  8. 中途採用でもポテンシャル採用が広がっている!
  9. 人材育成に行き詰まった時に、参考にしたい本5選
  10. 上司が部下に行うマネジメントで注意したい8つのこと
閉じる

人財ラボ

人材育成のための適切な研修とは

新入社員から優秀な社員に育てるためには教育を工夫する必要があります。OJTやOFF-JT、自己啓発など手法は様々ですが今回は研修を取り上げてみたいと思います。近年、要求される人材の質は確実に高まっており研修にも具体的な成果が要求されるようになっています。単に実施すれば社員が育つというわけではないのです。教育を効果的なものにするにはどうするべきでしょうか。

研修を受ける際の3つのポイントとは

一つ目は自社に合った研修を受けてもらうことです。課題を明確にし、目的に合った研修を選ばなければいけません。今まで実施していたからそのまま続けるというのではまずいのです。これから伸ばしたいところやできていないことを洗い出しましょう。求める社員像を明らかにし、それに合うような研修を受ける必要があるのです。

二つ目は社員にどうしてそれを受けるのか理解させることです。どれほど優れたものであっても教育を受ける側がその意味を分かっていなければ効果は期待できません。

三つ目が受けた人だけでなく周りを巻き込むことです。学んだ事と実際の現場に違いがあることは少なくありません。この場合矛盾したメッセージを送ることになるので学んだ事が活かせなくなってしまいます。費用や時間も掛かります。特に新入社員の場合には意欲が低下することすらあります。このようなことを避けるために周囲も巻き込みその意味を分かってもらうことが大切です。

教育は長い目で見ることが求められる

学んだ事が実際の業務にどう影響を与えたのか判断しなければいけません。掛けたコスト以上に利益が出ているならば成功と言えるでしょう。しかし想定した利益が上がらなくても必ずしも失敗とは言えません。短期的な視点ではなく長期的な視点で見ていきましょう。人を育てるのにすぐ効果が出るとは限らないのです。

経営戦略を実現させるために人を育てていく

せっかく研修を受けてもそれだけで終わらせていては意味がありません。適切なフォローをしていかなければいけません。受ける前後で具体的に何がどう違ってきたか、求める人物像にどう近づいたのか上司や同僚、部下に評価してもらうのです。それを元にフィードバックすることで効果は確実に高まっていきます。研修を受けて終わりではなく後押しすることで求める人材へと伸ばしていくことができます。企業のビジョンを実現させるためには人への教育は積極的に行うべきなのです。

 

実質無料で出来る人財育成はこちら
https://www.jp-alphanet.com/service

 

関連記事

  1. 社員の研修・本気の3カ条

  2. G-PDCAを設定し目標を掲げる。期限を定めて行動しよう。

  3. 新人・若手社員を一流に育てる方法

  4. 新人を教育するにはOJTの質を上げるべき

  5. 褒めて部下を成長させるコツ

  6. 外部研修で気を付けるべきこと

おすすめ記事

  1. 正社員転換制度における課題(第1回)
  2. 非正規社員の教育がカギを握る
  3. なぜ、今「セルフ・リーダーシップ」が求められているのか
  4. 社員研修を改革しよう
  5. 内部が不透明な企業は成長しない

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る