閉じる
  1. なぜ、今「セルフ・リーダーシップ」が求められているのか
  2. 内部が不透明な企業は成長しない
  3. 正社員転換制度における課題(第1回)
  4. 非正規社員の教育がカギを握る
  5. 社員研修を改革しよう
閉じる
閉じる
  1. リーダーシップは引っ張っていくだけで良いものなのか?
  2. 職場でのストレスを減らすためには
  3. OJTとOFF-JTを組み合わせて人材を育成しよう
  4. 出産を機に仕事を辞めると生涯年収は大きく変わる
  5. コミュニケーションで大事なこと
  6. 組織にネットワークの力を!!
  7. 今までのOJTを改善して、高いレベルの人材を育成しよう
  8. 部下のやる気を上げるためにはどうすべきなのか
  9. 人事評価を有効なものにするためには
  10. それぞれの立場に合わせた社員研修とは
閉じる

人財ラボ

成長する意欲のない社員。困った社員の対処法。

仕事はそれなりにこなしてもそれ以上のことはしない 意欲のない社員に困っていませんか。そんな社員であっても入社したての頃は仕事を覚えること、成長することに一生懸命だったはずです。なぜやる気がなくなってしまったのでしょうか。これにはいくつかの原因が考えられます。

社員に意欲がないその理由。

意欲がない理由を3つ挙げてみます。

1つ目の理由は人間関係です。人の悩みの大半は人間関係から来ているとも言われます。それだけ影響が大きいのです。同じような仕事をしていても少しミスしただけで怒鳴る上司であればどうでしょう。あるいは職場がギスギスしていてストレスの多い環境であればどうでしょうか。

2つ目の理由は仕事をしていても学ぶことが何がない、成長できないと思われた時です。ただ給料のために惰性で仕事をしている社員が多くなれば職場の活気も失われてしまいます。

3つ目の理由は頑張っても報われないことです。昨今の企業を取り巻く環境は厳しさを増しています。これまでどおりの仕事では現状維持さえ危うい状況です。個人の努力だけではどうしようもないことがあります。経営環境が厳しくいくら努力しても出世もしなければ給料も上がらない、そのような状況が続けば意欲を失ってしまう社員も出てくるでしょう。

 

意欲がなければ成長も期待できない。

企業にとって人材育成は重要な課題です。社員を成長させるために多くの企業で教育や環境の整備に力を入れています。しかしいくら力を入れても成長するかどうかは本人の意欲にかかってきます。その気がなければ成長することはありません。そこでOJTやOffjtといった教育を整備するだけではなく働きやすい環境を作りましょう。企業にできることは意欲を向上させるための仕組みを作ることです。

社員の意欲を取り戻すには具体的にどうすればよいのか。

意欲のない社員を放置していては他の社員にも悪影響を及ぼします。意欲を向上させるために必要なことはどのようなことでしょうか。

まず挨拶をしっかりしましょう。そんなことと思われるかもしれませんが明るい挨拶は職場の雰囲気に大きな影響があるのです。だからこそしっかり挨拶することが必要です。

次に仕事で上手くいったときには褒めてみましょう。日本人は褒めるのが下手だと言われています。頑張ったことを認めることで意欲の向上や成長につながります。

また無駄な残業の廃止、福利厚生を整えるといった働きやすい環境を整えることは労働意欲を高めます。

まとめ

職場環境は社員の成長や意欲に影響を及ぼします。褒めることや挨拶といったすぐ取り組めることから始めてみることがオススメです。費用もかからず効果があります。現在意欲がなかったとしても工夫次第でやる気を取り戻すことができるのです。


実質無料で出来る人財育成はこちら

https://www.jp-alphanet.com/service

 

関連記事

  1. 良い仕事で昇進へ向かう部下!!

  2. 人事評価制度は賃金を決めるためだけにあるのではない

  3. 研修は「事後評価」が大切

  4. 人を育てる際に気を付けなければいけないポイントとは

  5. 部下を育成する時の4つのポイント

  6. 社員研修を成功させるための目標設定方法。

おすすめ記事

  1. 正社員転換制度における課題(第1回)
  2. 非正規社員の教育がカギを握る
  3. なぜ、今「セルフ・リーダーシップ」が求められているのか
  4. 社員研修を改革しよう
  5. 内部が不透明な企業は成長しない

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る