閉じる
  1. 社員研修を改革しよう
  2. 非正規社員の教育がカギを握る
  3. なぜ、今「セルフ・リーダーシップ」が求められているのか
  4. 内部が不透明な企業は成長しない
  5. 正社員転換制度における課題(第1回)
閉じる
閉じる
  1. 会議を効率化させる5つのポイント
  2. 「人工知能がヒトの仕事を奪う」という妄想と人材育成について
  3. あなたもパワハラ上司予備軍に?!職場に潜む危険因子とは?
  4. みんな意外と知らない起業のリスク。それは「孤独」ということ
  5. ロジカルシンキングの基本
  6. あなたの職場は本当に大丈夫?もし明日地震が来た時の対策!
  7. 社員の健康管理できていますか。
  8. 中途採用でもポテンシャル採用が広がっている!
  9. 人材育成に行き詰まった時に、参考にしたい本5選
  10. 上司が部下に行うマネジメントで注意したい8つのこと
閉じる

人財ラボ

社員研修を改革しよう

経営者のみなさん、社員研修は上手くいっていますか?研修したことはしっかり生かされているでしょうか。中にはせっかく研修をしたのに、その後放置して「誰も研修内容を覚えていない」ということもあるのではないでしょうか。会社を成長させるには社員が成長しないといけません。その研修を有益なものにするには何に気を付ければ良いのでしょうか。

意義・目的をはっきりとさせ効果も検証する

研修をするからには、「なぜ研修をするのか」と「研修によって何が変わるのか」を社員に説明しなければなりません。これがないと社員は受け身の姿勢になってしまい、退屈な時間を過ごします。研修が終わったところで何の成果も出ないでしょう。逆に目的を理解すれば自ら積極的に取り組んで、研修終了後も大いに活用できると思います。

目的は分かってものんびりと進めていては、効果はあまり出ません。「○○(時期)までに△△(研修で学ぶ内容)を達成する」という具体的は目標を立てることで社員も学びやすくなると思います。また研修が終わったら必ず「効果のあるものだったのか」を検証するシステムを作っておきましょう。

忘れがちですが、後で振り返って良くなかった所を修正することで、次回の研修内容がより良いものになります。さらに、社員には確認テストのようなものをさせると良いでしょう。社員自身も自分にとって良い研修だったかを確かめることが出来ます。

研修前の予備知識の重要性

研修は大人数で行うことも多いですが、受講する社員のスキルやキャリアは様々です。会社のことをよく分かっている社員ならいいのですが、経験が浅い若手社員は自分の会社の全てまでは把握できていませんし、仕事の内容も不完全でしょう。そんな社員がそのままの状態で研修を受けてもきっと理解不足に終わると思います。

これを防ぐには自分で研修に向けた予習をするよう促すのが良いと思います。現在は学習システムが充実していますので、自分の現状に合った学習ができます。これで研修の理解度も先輩たちに追いつき、受講者全員が「やって良かった」と思えるものになるのではないでしょうか。

会社の成長のために

現代の市場は大変厳しい状況に置かれています。日本のバブル崩壊や少子高齢化だけでなく、中国の経済状態を考えてもこれからの企業はますます過酷な状況に置かれると思われます。

そのような中、企業も生き残りには必死にならなければなりません。これを考えても「いかに社員を研修してスキルを上げ、会社の業績につなげることが大切か」がよく分かるのではないでしょうか。みなさんも自社の研修体制をもう一度見直し、より効果的なものにしてみてはいかがでしょうか。

まとめ

明確な研修目的を持ち、研修に当たっての予習も必要です。研修の重要性を把握し、次世代の社員育成に繋げましょう。

 

 

助成金を活用した人財育成はこちら
https://www.jp-alphanet.com/service

 

関連記事

  1. 今までのOJTを改善して、高いレベルの人材を育成しよう

  2. 見て感じて学ぶ!OJT

  3. 新人を教育するにはOJTの質を上げるべき

  4. 人事評価制度は賃金を決めるためだけにあるのではない

  5. 人を育てるためのポイントとは

  6. 「人材」を「人財」に!!

おすすめ記事

  1. 正社員転換制度における課題(第1回)
  2. 非正規社員の教育がカギを握る
  3. なぜ、今「セルフ・リーダーシップ」が求められているのか
  4. 社員研修を改革しよう
  5. 内部が不透明な企業は成長しない

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る