閉じる
  1. 非正規社員の教育がカギを握る
  2. 社員研修を改革しよう
  3. 内部が不透明な企業は成長しない
  4. なぜ、今「セルフ・リーダーシップ」が求められているのか
  5. 正社員転換制度における課題(第1回)
閉じる
閉じる
  1. 会議を効率化させる5つのポイント
  2. 「人工知能がヒトの仕事を奪う」という妄想と人材育成について
  3. あなたもパワハラ上司予備軍に?!職場に潜む危険因子とは?
  4. みんな意外と知らない起業のリスク。それは「孤独」ということ
  5. ロジカルシンキングの基本
  6. あなたの職場は本当に大丈夫?もし明日地震が来た時の対策!
  7. 社員の健康管理できていますか。
  8. 中途採用でもポテンシャル採用が広がっている!
  9. 人材育成に行き詰まった時に、参考にしたい本5選
  10. 上司が部下に行うマネジメントで注意したい8つのこと
閉じる

人財ラボ

マネージメントの意味及び経営管理論の考え方

「人」を大切にする

「マネージメント」の意味とは、「資源・資産・危機」を分析する事によって、

企業運営を最適化する事を言います。

経営管理論では、「人・物・金・情報」の四つに着目し、

それらを効率よく活用し成果を出す事を目指します。

この四つの中でも、特に「人」は重要な要素となりますが、

どのようにすればうまく活用できるかというとなかなか難しいものです。

過去の経営管理論は、「人」を「物」と同様に扱う傾向があったので、

反対の意見が多かったのも事実です。

時代が進み、「ホーソン工場実験」等、人の心理・行動を再考察した

「人間関係論」が唱えられ、現在学ばれています。

管理者の目的とは、人の効果を、「足し算的に」考えるのではなく、

「掛け算的に」成果を生む事です。

スポーツで例えると、バスケットでは監督がいて、うまくプレーできます。

監督なしでは、まとまりのあるプレーは期待できません。

企業も同様に、各人がどれだけ優秀でも、バラバラに動いてしまったのでは、

生産性も期待できません。

管理者は、バスケットの監督と同じような立場にあるのです。

個々を結び付け、効率の良い成果を発揮できるように道を指し示すのです。

個性多様化の時代

%e4%bd%bf%e7%94%a8%e6%b8%88%e3%81%bf%e3%80%80%e7%94%bb%e5%83%8fb

現代では、多様な個性の持ち主が企業にやってくる時代です。

育った時代によって、大きな価値観の違いが見られます。

管理者はそれぞれの個性をよく分析し、ベストな結果が出るようにせねばなりません。

最近は自身の仕事をこなしながら、マネージメントをする管理者が増えています。

部下の成長をねたむ上司

%e4%bd%bf%e7%94%a8%e6%b8%88%e3%81%bf%e3%80%80%e7%94%bb%e5%83%8fc

このスタイルには問題もあります。

部下の仕事に不満を感じ、部下の仕事を自身が行ってしまうのです。

こうすると、部下が仕事を覚えない為、部下が成長しなくなってしまうのです。

だから、管理者は我慢をしてでも、仕事を部下にさせなければなりません。

部下を育てる事も大切な仕事なのです。

部下に弱点があっても、それをうまく克服させて乗り越えさせるよう務めるべきです。

「優秀なプレーヤーは優秀な管理者にあらず」という言葉をよく聞きます。

プレーヤーとしては素晴らしくとも、管理者としては期待できない場合があります。

ですから、管理者としての知識をよく学ばせるべきです。

企業は是非、マネージメントを学ぶ機会を与えるべきでしょう。

 

自立した社員を育てる仕組みはこちら
https://www.jp-alphanet.com/service

 

関連記事

  1. 教えて!『マネジメント能力』とは何?

  2. 勤務時間をマネジメントしましょう!

  3. 意識を逆にしてやる気を保つノルマより達成感を大切にしよう

  4. 日報が重要な役割を果たす

  5. 会社における消費者願望充足の重要性の理解不足

  6. 上司が「言う」だけでは人材は育たない

おすすめ記事

  1. 正社員転換制度における課題(第1回)
  2. 非正規社員の教育がカギを握る
  3. なぜ、今「セルフ・リーダーシップ」が求められているのか
  4. 社員研修を改革しよう
  5. 内部が不透明な企業は成長しない

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る