閉じる
  1. 内部が不透明な企業は成長しない
  2. 正社員転換制度における課題(第1回)
  3. 非正規社員の教育がカギを握る
  4. 社員研修を改革しよう
  5. なぜ、今「セルフ・リーダーシップ」が求められているのか
閉じる
閉じる
  1. リーダーシップは引っ張っていくだけで良いものなのか?
  2. 職場でのストレスを減らすためには
  3. OJTとOFF-JTを組み合わせて人材を育成しよう
  4. 出産を機に仕事を辞めると生涯年収は大きく変わる
  5. コミュニケーションで大事なこと
  6. 組織にネットワークの力を!!
  7. 今までのOJTを改善して、高いレベルの人材を育成しよう
  8. 部下のやる気を上げるためにはどうすべきなのか
  9. 人事評価を有効なものにするためには
  10. それぞれの立場に合わせた社員研修とは
閉じる

人財ラボ

変革者の資質・能力が必要とされる

変革を起こすことの必要性は企業でも多々認識されています。

ピーター・ドラッガーの著書「明日を支配するもの」では変革者(チェンジリーダー)の必要性が叫ばれています。

では変革者とは何でしょうか。

変革者たる資質

変革者とは世の中や時代の変化の中でリーダーシップを取り、組織をより良い方向へ導く人のことを言います。

変革者には変化を機会と捉え、果敢に立ち向かう資質と能力が求められています。

1.常により良い方法を模索することができるか

2.既存のルールに対し変革を断行することができるか

3.様々なボーダーラインを越えていこうとすることができるか

4.責任の所在を自身に課し率先して行動することができるか

5.信用を重視し人々に配慮することができるか

6.あくまでも現場主義に徹し個人主義に陥らずにいることができるか

変化に沿った生き方ができるかという資質・能力が求められています。

変革者は無駄を排し業務の改善を行い、新たな市場開拓にも貪欲に取り組む資質と能力を持っています。

そして組織に革新(イノベーション)を起こす資質と能力を携えています。

何故今、変革者を必要とするのか

今どうして変革者の資質と能力が必要とされるのでしょうか。その背景には目まぐるしい社会構造の変化があります。

  1.      一つ目には、技術革新、特に社会全体のIT化があります。

変革者はその能力をフル活用し、この変化を機敏に感じ取り、必要なものを貪欲に取り

入れていくことでしょう。

  1.      二つ目には、グローバルスタンダードが唱えられる現代での国際競争です。従来のように国内だけで完結するような体制では勝ち残ることはできません。製造業なども例外ではありません。国際的な視点を持つ能力が変革者には求められています。

このようなグローバリゼーションの波に乗り、自ら推進していくことができる資質と能力を持つ変革者が企業には必要になのです。

  1.      三つ目には、人口構造の変化があります。わが国では少子高齢化が進んでいます。この事実を真摯に受け止めていく必要があります。新たな市場の開拓にもこの事実を踏まえ、変革者は行動していくという資質と能力が求められていきます。

この三つの変化の中で、変革者は今までの顧客との関係も大切にし、新たな顧客の開拓をしていく資質が求められています。

このような課題に対し果敢に取り組む能力が求められています。

 

変革者に必要とされる能力


変革者には3つの資質・能力が必要とされます。

  1.    まず一つ目の能力とは周囲に対する洞察力です。

組織内や組織外といった様々な人々の考えを理解し、全体としてどのような状況であるのかを把握しなければなりません。そのような資質・能力が変革者には必要とされるのです。

多くの人々の意見に耳を傾け、柔軟に対処していく能力が必要でしょう。

  1.    二つ目には、先見性と組織の方向性を設定する能力が必要になります。

世の中の変化の中で組織がどこに向かっていくのか、またそれをどのようにわかりやすく他人に説明し、彼らを導いていくのかといった資質・能力が求められています。

  1.    三つ目には活動を力強く推進する情熱と組織改革をいとわぬ大胆な発想です。また他者から信頼される人格者であると言うことが必要です。

組織のトップが変革者であるだけではなく、各部門のトップたちが変革者である必要もあるのです。

変革者がその資質・能力を遺憾無く発揮し持てる力を注ぐことのできる組織風土を構築していくことが望まれます。そのような変革者を育成する環境の整備が必要なのです。

まとめ

変化に柔軟に対応する事のできる資質と能力を持つ人材が求められている。変革者として求められている資質・能力は多岐にわたるが、変化の多い現代にはその変化に対応できる資質・能力を持つ変革者が必要である。

 

自立した社員を育てる仕組みはこちら
https://www.jp-alphanet.com/service

 

関連記事

  1. リーダーの育て方

  2. 気持ちを落ち着かせることで就労意欲を上げる

  3. リーダーシップを取るための3か条

  4. 企業を辞めていく若手社員を減らすために、責任者が考えるべきこと

  5. 今こそ必要なんです。『中間管理職』

  6. 21世紀を駆け抜ける企業作りを

おすすめ記事

  1. 正社員転換制度における課題(第1回)
  2. 非正規社員の教育がカギを握る
  3. なぜ、今「セルフ・リーダーシップ」が求められているのか
  4. 社員研修を改革しよう
  5. 内部が不透明な企業は成長しない

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る