閉じる
  1. 正社員転換制度における課題(第1回)
  2. 内部が不透明な企業は成長しない
  3. なぜ、今「セルフ・リーダーシップ」が求められているのか
  4. 社員研修を改革しよう
  5. 非正規社員の教育がカギを握る
閉じる
閉じる
  1. 会議を効率化させる5つのポイント
  2. 「人工知能がヒトの仕事を奪う」という妄想と人材育成について
  3. あなたもパワハラ上司予備軍に?!職場に潜む危険因子とは?
  4. みんな意外と知らない起業のリスク。それは「孤独」ということ
  5. ロジカルシンキングの基本
  6. あなたの職場は本当に大丈夫?もし明日地震が来た時の対策!
  7. 社員の健康管理できていますか。
  8. 中途採用でもポテンシャル採用が広がっている!
  9. 人材育成に行き詰まった時に、参考にしたい本5選
  10. 上司が部下に行うマネジメントで注意したい8つのこと
閉じる

人財ラボ

コーチングのスキルを上げる!

人が成長していく場合、大切にするべきことは様々な人達と接点を持ちながら、勉強することです。また、出会った人に刺激を受けて自分の人生観が変わるほど影響されることもあります。

ビジネスも同じで、人と接点を持って勉強をするのは自分の成長のため日々必要となってくるものです。人に出会って成長するということを考えるときに、指導責任者は「コーチング」という指導的要素が欠かせないものになってきます。いったいどのような考え方でしょうか。一緒に考察していきましょう。

1・・・コーチングについて

コーチングの意味は「指導する」ということです。形式通り教えるという事ではなく、深くその人のスキル・精神面・人格面などに踏み込んで教えるという役割です。例えばオーケストラなどで、指揮者はタクトを振ってリズムを刻んでいるだけではありません。音楽の深みを伝え、努力して演奏者のスキルを上げることなど、メンタル面も含めてあらゆる指導をしていくことが普通です。

コーチングというものは深い意味を持っており、各人により目標は違っていても全体的なことを考えると、指導により人の成長において深く関わっていくこととなります。

2・・・コーチングスキルは相互に共有しよう

自らが見本となることも考えて、自制心を磨き、自分自身と共に部下を成長させていくことがベストですが、相互に情報を共有することでよりレベルアップが可能です。考察力を高める・能力を伸ばす・技術を伝承する・情報を共有する。このような目標を持ってコーチングのスキルを上達させていきましょう。

3・・・対人関係の能力の重要さ

各々の性格や個性において、良好な人間関係能力を創り上げることができるには社交的であれば最良です。これは身近な友人知人・家族などにもあてはまりますが、仕事上では特に対人関係能力を育んでいかねばなりません。そうでなければ効果的なコーチングで人を育成するのは難しいと思われます。できるだけ社交性を身につけたいですね。

4・・・どのような資質が必要とされるのでしょう?

会話の上手なタイプが良いのでしょうか?実は仕事のジャンルや教えてもらう側の感性によって、様々に変わるものなのです。リーダーで口数の少ないタイプでも影響力をもつ人は多くいます。著名人にも口数の少ないタイプでコーチングされている方が沢山います。ケースバイケースで、「こうであらねばならない」姿があるということではありません。方法は様々だということです。

5・・・行動して示す対人関係の作り方

寡黙であってもコーチングが成功する事例があるように、言葉がすべてとは限りません。人は行動している人を見て学び、刺激を受けて教えられ、励まされるものです。自らがお手本となり、行動によって人の目標となりコーチングを成功させることができます。

仕事上で責任のある立場のひとでしたら、自らの成功している姿や前向きな姿勢を見せて、模範となれば話す言葉にも説得力が増します。職人の世界もそうであるように、ビジネスの世界でも「見て学ぶ」ことの基本は重要です。仕事の方法だけでなく向かう姿勢や考え方も提示でき、尊敬されるコーチングに基づいた信頼関係を構築できるのです。

6・・・言葉も大切な対人関係の要素です

「見て学ぶ」ことも大切ですが、実際に動いてみると声を出しながら、教え育てる場合やメール・社内文書などの言葉のやりとりで教える機会の方が多いでしょう。それもコーチングのひとつです。コーチングの技術向上のために、何を意識しておくべきでしょうか?教えるという事に関して最も重要なことは、話す内容より、「いかに伝えるか」です。伝え方で相手の意識も変わっていきます。

指示の方法も柔軟に、相手の意思も尊重し、かつ毅然とした姿勢で伝えることです。精神的にも自分を抑えたり、言わなければいけないことは伝えたりと、自分のコントロールは必要で大変な作業ですが、切磋琢磨することで結果的に価値あるものとなります。

まとめ

上記の事を意識して、是非コーチングを成功させてください。コーチングの必要性を理解できると良い人材が育成されて企業の人間関係も良好になります。良い指導は自分も部下もレベルアップできる良い機会です。是非コーチング技術を磨きましょう。

 

助成金を活用した人財育成はこちら
https://www.jp-alphanet.com/service

 

関連記事

  1. 成長する社会人とは経験から学ぶことができる人である

  2. 若手社員の育成に悩む職場のリーダー達が戦隊を組むべき理由

  3. ビジネスに必須!!PDCAとはなんだ!!

  4. 『ワンパターン研修』からの脱却が必要!

  5. OJT,OffJT,自己啓発 それぞれの長所短所とは

  6. イマドキの若者は上昇志向がない!?

おすすめ記事

  1. 正社員転換制度における課題(第1回)
  2. 非正規社員の教育がカギを握る
  3. なぜ、今「セルフ・リーダーシップ」が求められているのか
  4. 社員研修を改革しよう
  5. 内部が不透明な企業は成長しない

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る