閉じる
  1. 正社員転換制度における課題(第1回)
  2. なぜ、今「セルフ・リーダーシップ」が求められているのか
  3. 非正規社員の教育がカギを握る
  4. 社員研修を改革しよう
  5. 内部が不透明な企業は成長しない
閉じる
閉じる
  1. 会議を効率化させる5つのポイント
  2. 「人工知能がヒトの仕事を奪う」という妄想と人材育成について
  3. あなたもパワハラ上司予備軍に?!職場に潜む危険因子とは?
  4. みんな意外と知らない起業のリスク。それは「孤独」ということ
  5. ロジカルシンキングの基本
  6. あなたの職場は本当に大丈夫?もし明日地震が来た時の対策!
  7. 社員の健康管理できていますか。
  8. 中途採用でもポテンシャル採用が広がっている!
  9. 人材育成に行き詰まった時に、参考にしたい本5選
  10. 上司が部下に行うマネジメントで注意したい8つのこと
閉じる

人財ラボ

新入社員教育のポイントは「フィードバック」だ!

新入社員の教育で頭を悩ませる方は多いことでしょう。大事なポイントは沢山ありますが、今回は『フィードバック』についてご紹介します。フィードバックとは、行動による結果を、行動した本人に具体的に教えてあげることを言います。

分かりやすく言えば、部下の行動に対して「良い」「悪い」だけの評価だけを述べるのではなく、そこに至るまでの行動を観察し、具体的に教えてあげることを言います。

適切なフィードバックができれば、新入社員もうまく教育できるはずです。

褒めることがポイント

フィードバックをするにあたって大事なのは、褒めることです。

褒め言葉を積極的に増やすことができれば、新人育成の面で大きな成果を得られるに違いありません。出来ればその褒め言葉も具体的で適切なものを選びましょう。

例えば「良かったよ」で済ますのではなく、「君が○○してくれたから、いい結果が出たよ」などと、相手に情報がインプットされるように心がけましょう。

世代間のギャップはコミュニケーションで解決

フィードバックをするにあたって、人間関係を保つ上での障害があります。その一番の壁が年齢です。

年齢が離れれば離れるほど感覚のずれも大きくなります。自分の「良い」「悪い」の基準を押し付けることなく、日頃からコミュニケーションを取る事を心がけましょう

また、自分が受ける上司からの「フィードバック」に対する姿勢を、模範として部下に見せることも、手本を示すうえで良い機会となるでしょう。

伝える際はわかりやすく

くどいフィードバックは最悪です。ダラダラ、ネチネチでは物事の真意は伝わりにくいものです。簡潔にゆっくりと、大きな声で話しましょう。

伝える側は重要なポイントを絞って、適格な表現をすることを心掛けましょう。人の成長は一朝一夕ではなし得ません。

新入社員、後輩を育てるためにも、フィードバックを粘り強く続けていきましょう。

 

 

実質無料で出来る人財育成はこちら
https://www.jp-alphanet.com/service

 

関連記事

  1. 褒めることで部下を評価する。上司が知りたい部下育成。

  2. 人材不足のIT企業で競争を制するには

  3. オーナーが今一番聞きたい。新人美容師の育成法

  4. ポイントを押さえた資料作成が社員研修には生きる

  5. その計画は成果を出せるか?

  6. 新入社員の研修の目的を伝えていますか?

おすすめ記事

  1. 正社員転換制度における課題(第1回)
  2. 非正規社員の教育がカギを握る
  3. なぜ、今「セルフ・リーダーシップ」が求められているのか
  4. 社員研修を改革しよう
  5. 内部が不透明な企業は成長しない

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る