閉じる
  1. 内部が不透明な企業は成長しない
  2. 正社員転換制度における課題(第1回)
  3. 非正規社員の教育がカギを握る
  4. なぜ、今「セルフ・リーダーシップ」が求められているのか
  5. 社員研修を改革しよう
閉じる
閉じる
  1. 会議を効率化させる5つのポイント
  2. 「人工知能がヒトの仕事を奪う」という妄想と人材育成について
  3. あなたもパワハラ上司予備軍に?!職場に潜む危険因子とは?
  4. みんな意外と知らない起業のリスク。それは「孤独」ということ
  5. ロジカルシンキングの基本
  6. あなたの職場は本当に大丈夫?もし明日地震が来た時の対策!
  7. 社員の健康管理できていますか。
  8. 中途採用でもポテンシャル採用が広がっている!
  9. 人材育成に行き詰まった時に、参考にしたい本5選
  10. 上司が部下に行うマネジメントで注意したい8つのこと
閉じる

人財ラボ

人材育成方法の移り変わり

人材育成方法は時代によって違います。これは企業の置かれた環境、教育に対する考え方が変わってくるからです。そこで今回は時代により育成方法がどう移り変わってきたのか見ていきたいと思います。

人材育成方法 ~1990年

経済が右肩上がりの時代では背中を見て育てるということが上手くいった時代です。仕事で経験を積ませながら育てることが可能でした。これはビジネスの環境変化が現在ほどではなくゆっくりしたものであったためじっくり育成することが可能だったからです。

人材育成方法 1991年~2010年


失われた20年とも言われ経済が低迷し企業に人材をじっくり育てる余裕がなくなりました。コストも時間もかけることが難しくなったのです。そのため即戦力が求められるようになりました。しかし効率が優先されたため弊害としてじっくり考えることのできる人材は減ってしまったように思われます。

人材育成方法 2011年~

新興国の台頭、技術のコモディティ化に直面し企業の競争はより激しくなっています。そこでコストに関してはより厳しく管理されるようになりました。教育コストも例外ではありません。そこで研修の内製化が進んでいます。教育を外部の講師に頼むのではなく自社でできることは自社でする企業が増えているのです。もちろんコスト削減以外のメリットもあります。自社のことは社員が1番よく知っているのでどのような教育が必要なのかがすぐに把握できます。教える側の社員の成長にもなります。

また大手といえどもいつ、つぶれるかわかりません。そこで自己啓発をする社員も増えています。企業に頼っているばかりではそこで通用しても外からみると全く価値がないということにもなりかねません。自らの市場価値を上げることが重要だと考えられるようになってきているのです。

最後になりますが現在は人手不足でこれまでのように人材を集めることが難しくなりました。そこで老若男女、外国人と多様な人材を育成する必要が出てきたのです。アルバイトやパート、派遣社員などに対する教育も強化されるようになりました。同じような人材ばかりだと視点がどうしても偏り競争に打ち勝つことが困難であることも理由です。誰もが活躍できれば働いている人たちの意欲も上がることになります。

まとめ

かつては人材もじっくり育てていくことができました。しかし現在は企業間の競争が激しくなったためコストの見直しや自己啓発をする社員も増えてきています。今後はAIの進化により定型業務はなくなっていくことが予想されます。自らの頭で考えることのできる人材やマネジメント能力などこれまでより高度な技能が要求されるようになります。より一層の教育が必要となるでしょう。

実質無料で出来る人財育成はこちら
https://www.jp-alphanet.com/service

 

関連記事

  1. 必要としている従業員への教育とは何か?~企業内での指導と外部講師…

  2. 富士ゼロックスの人材育成はココが違う!

  3. 信頼関係を作って人を育てる

  4. 中小企業が人材のレベルを上げるためには。

  5. 人を育てるためのポイントとは

  6. 若い先輩の社員にやらせてみたい「OJTトレーナー」

おすすめ記事

  1. 正社員転換制度における課題(第1回)
  2. 非正規社員の教育がカギを握る
  3. なぜ、今「セルフ・リーダーシップ」が求められているのか
  4. 社員研修を改革しよう
  5. 内部が不透明な企業は成長しない

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る