閉じる
  1. 内部が不透明な企業は成長しない
  2. 正社員転換制度における課題(第1回)
  3. なぜ、今「セルフ・リーダーシップ」が求められているのか
  4. 社員研修を改革しよう
  5. 非正規社員の教育がカギを握る
閉じる
閉じる
  1. 出産を機に仕事を辞めると生涯年収は大きく変わる
  2. コミュニケーションで大事なこと
  3. 組織にネットワークの力を!!
  4. 今までのOJTを改善して、高いレベルの人材を育成しよう
  5. 部下のやる気を上げるためにはどうすべきなのか
  6. 人事評価を有効なものにするためには
  7. それぞれの立場に合わせた社員研修とは
  8. OJTとOffjtを効果的に活用しよう
  9. 褒めて部下を成長させるコツ
  10. 教えて!『マネジメント能力』とは何?
閉じる

人財ラボ

組織の中で個人を重視。社員が理想像を持ち業績を上げるには。

会社組織にとって必要な人物像と、個人で目指している理想像との間にギャップがあるということは少なくないものです。このギャップに悩みを抱えるのは何も新入社員だけではありません。

会社組織にとって必要な人物像とは、組織から求められることに対し応えていくことを目的とする姿のことです。自分が目指している理想像とは個人で設定している理想となり、会社組織だけではなくあらゆる他人の意見に縛られることはありません。しかしながら、その個人的な理想像の実現は難しく、多くの困難が伴うのも事実です。

会社組織にとって必要な人物像が重視される

特に現代の日本ではこの会社組織にとって必要な人物像を重視していることが多いのです。

確かに組織に従事する以上、組織にとって必要とされる従業員として業務を行うことが求められます。しかし、バブル崩壊以降、会社組織は即戦力を求める傾向が強まり、組織が生き残るために全体主義的傾向に陥ることが指摘されています。

このような組織体系では個人の理想や考えが重視されることは少なく、どうしても個人を抑圧していかなければならない状態となります。

個人がそれぞれ持っている理想像を目指すことでモチベーションを保つ

このような労働環境が多い中、個人を重視しその理想像の実現を後押しする企業も見受けられます。しかし、そのような企業組織でさえやはり「企業の業績アップに関わる範囲」でしか認められていないのが現状です。

確かにやむを得ない部分があるのは認めるところですが、メンタルヘルスチェックが求められる現代では、個人個人が仕事をしやすい環境づくりも重視していかなければなりません。

そのためには、個人が目指す理想像もモチベーションを保つために必要となるのです。

「組織に貢献するためには個人を押し殺さなければならない」と考えさせている組織であれば、やはりそれは見直していくべきではないでしょうか。

組織と個人をともに育てる企業を目指して

個人が生き生きと業務に取り組める環境の整備を行うことには意味があります。

社員達ひとりひとりが自身の理想像を追い求められる環境では社員個人のパフォーマンスを最大限に引き出すことができ、個人が持つ長所や持っているスキルを活かすことができるはずです。このようなシステムを創り出すことが求められているのです。

製造業では社員個人の技術に向き合い、独自にスキルを磨けるようサポートをしている企業も増えつつあります。

まとめ

製造業だけに限らず、組織の中で個人を認め自由に成長を促すことができるようにすることはどの業種、どの企業でも重視していく大切なことです。

組織という全体だけではなく、個人の考え方を大いに尊重し重視することが組織を大成させられるのです。

時代は大きく変わっています。

各企業も成長への戦略を見直す良い機会なのかもしれません。

助成金を活用した人財育成はこちら
https://www.jp-alphanet.com/service

 

関連記事

  1. リーダーの育て方

  2. ゆとり世代の社員をビシッと指導する

  3. 新入社員の育成は現場に放り込めば済むというものではない

  4. 才能を開花させよ!

  5. 若手社員の早期離職を防ぐために、企業が取り組むべき対策とは?

  6. ユニークな研修が強い会社を生む

おすすめ記事

  1. 正社員転換制度における課題(第1回)
  2. 非正規社員の教育がカギを握る
  3. なぜ、今「セルフ・リーダーシップ」が求められているのか
  4. 社員研修を改革しよう
  5. 内部が不透明な企業は成長しない

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る