閉じる
  1. 非正規社員の教育がカギを握る
  2. 社員研修を改革しよう
  3. 内部が不透明な企業は成長しない
  4. なぜ、今「セルフ・リーダーシップ」が求められているのか
  5. 正社員転換制度における課題(第1回)
閉じる
閉じる
  1. 出産を機に仕事を辞めると生涯年収は大きく変わる
  2. コミュニケーションで大事なこと
  3. 組織にネットワークの力を!!
  4. 今までのOJTを改善して、高いレベルの人材を育成しよう
  5. 部下のやる気を上げるためにはどうすべきなのか
  6. 人事評価を有効なものにするためには
  7. それぞれの立場に合わせた社員研修とは
  8. OJTとOffjtを効果的に活用しよう
  9. 褒めて部下を成長させるコツ
  10. 教えて!『マネジメント能力』とは何?
閉じる

人財ラボ

人材育成方法の移り変わり

 

人材育成方法は時代によって変わってきました。それぞれの時代でどう変わってきたのかを見ていきたいと思います。

~1990年

 

経済が右肩上がりの時代では背中を見て育てるということが上手く行った時代であり仕事で経験を積ませながら育てることが可能だった。これはビジネスの環境変化が現在ほどではなくゆっくりしたものであったためじっくり育成することが可能だったからです。

~1991年~2010年

失われた20年とも言われ経済が低迷し即戦力が求められるようになりました。

2011年~

現在は多様な人材を育成する必要があります。できればコストを減らしたいので研修の内製化が進んでいます。これは自社の事は自社員が1番良く知っているのでどのような教育が必要なのかが分かるからです。人に教えることは自らを成長させることにもなるからです。

また同じような人材ばかりだと視点がどうしても偏ってしまいます。誰もが活躍できれば働いている人たちの意欲も上がります。

 

まとめ

AIの進化により定型業務はなくなっていくことが予想されます。今後は自らの頭で考えることのできる人材やマネジメント能力などこれまでより高度な技能が要求されるようになります。そのため人材育成もじっくり取り組む必要があります。

実質無料で出来る人財育成はこちら
https://www.jp-alphanet.com/service

 

関連記事

  1. 退職を止められない―なぜ若手が辞めていくのか

  2. 教育方法を変える企業が増えているのはなぜか?

  3. 良い社員研修とは

  4. OJTを効果的に活用しよう

  5. ゆとり世代の社員をビシッと指導する

  6. イマドキの若者は上昇志向がない!?

おすすめ記事

  1. 正社員転換制度における課題(第1回)
  2. 非正規社員の教育がカギを握る
  3. なぜ、今「セルフ・リーダーシップ」が求められているのか
  4. 社員研修を改革しよう
  5. 内部が不透明な企業は成長しない

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る