閉じる
  1. 正社員転換制度における課題(第1回)
  2. 内部が不透明な企業は成長しない
  3. 社員研修を改革しよう
  4. なぜ、今「セルフ・リーダーシップ」が求められているのか
  5. 非正規社員の教育がカギを握る
閉じる
閉じる
  1. 会議を効率化させる5つのポイント
  2. 「人工知能がヒトの仕事を奪う」という妄想と人材育成について
  3. あなたもパワハラ上司予備軍に?!職場に潜む危険因子とは?
  4. みんな意外と知らない起業のリスク。それは「孤独」ということ
  5. ロジカルシンキングの基本
  6. あなたの職場は本当に大丈夫?もし明日地震が来た時の対策!
  7. 社員の健康管理できていますか。
  8. 中途採用でもポテンシャル採用が広がっている!
  9. 人材育成に行き詰まった時に、参考にしたい本5選
  10. 上司が部下に行うマネジメントで注意したい8つのこと
閉じる

人財ラボ

職場の不満の原因とは?解消のために今すぐできること。

職場に関する不満はどこに行ってもついて回ります。イライラしながらも
我慢している人は多いでしょう。だからといって簡単に辞めることは
できません。職場に関する不満はどのようなものがあるでしょうか。

会社への不満とその要因

職場での主な不満として、「給与や賞与が少ない」「昇進・昇格のチャンスが
巡ってこない」といった声が聞かれます。このような意見があっても会社側は
すぐに対応することはできません。しかしそれが理由でモチベーションを
無くしてしまうこともよくあることなのです。

それにしても何故、職場では不満が多いのでしょうか?人は自分のことを高く
評価しがちです。そして成果を上げているという自負があるので、「こんなに
頑張っている」という思いから、会社は「自分に報いるべきだ」「自分に
チャンスを与えるべきだ」という不満に繋がっているのです。

人間関係は不満に繋がりやすい

職場で合わない人がいないという人は珍しいでしょう。上司、同僚、部下に
対して何らかの不満を持っている人は少なくありません。仕事を押し付ける、
ミスを人のせいにする、仕事ができないといったことはイライラしてしまう
大きな原因の一つです。

職場での人間関係というのは心身に大きな影響があります。決して侮れないの
です。とはいえ相手を変えることができるかというと残念ながら難しいと
言わざるを得ません。ではどうすべきなのでしょうか。

 

職場の不満を解消するには

職場の不満は「給与」「対人関係」「作業条件」等です。その反面、仕事の
満足感は「達成すること」「責任」「昇進」等です。

職場の不満を解消するためには企業と社員の双方の努力が必要です。企業に
必要なこととは「やりたいことを、やらせる」「仕事の成果を承認し、達成感を
味わってもらうよう、働きかけする」といった具合です。やりがいを与える
ことで意欲的に働くことができ不満の解消にもつながるのです。

一方社員に必要なことは期待することをやめることです。不満を抱くのは
期待しているからなのです。人を変えることは難しくても自分自身を変える
ことはできます。そこで考え方を変えてみるのです。

上司は能力が高くなければいけない、仕事は出来て当たり前、こういった
思い込みを捨て相手に期待することをやめましょう。職場はいろんな人がいるので
能力の低い上司や仕事のできない部下がいても何も不思議ではないのです。
そのたびにイライラするのでは心身に悪影響を及ぼします。

相手に「~してほしい」と期待するから不満につながるのです。他人に期待するのを
やめれば不満を解消することができます。

 

まとめ

様々な人がいる職場で不満を全く持たない人は少ないはずです。そこで相手に
期待することをやめましょう。精神的に楽になっていきます。企業にとっても
社員の不満は少ない方が良いでしょう。そこでやりがいを与え意欲的に仕事を
こなせる環境を作っていくことが大切です。工夫次第で職場の不満は解消する
ことができるのです。

「マインドフルネス瞑想で仕事がデキる人に」こちらの記事もおすすめです。

 

実質無料で出来る人財育成はこちら
https://www.jp-alphanet.com/service

 

関連記事

  1. 不祥事を防ぐ強い組織作り

  2. 一流の褒め方はココが違う

  3. 職場の雰囲気を改善するには?

  4. 五月病の対策を取りましょう!

  5. 社員の健康管理をしましょう

  6. 明るい職場づくりを

おすすめ記事

  1. 正社員転換制度における課題(第1回)
  2. 非正規社員の教育がカギを握る
  3. なぜ、今「セルフ・リーダーシップ」が求められているのか
  4. 社員研修を改革しよう
  5. 内部が不透明な企業は成長しない

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る