閉じる
  1. 社員研修を改革しよう
  2. 内部が不透明な企業は成長しない
  3. なぜ、今「セルフ・リーダーシップ」が求められているのか
  4. 非正規社員の教育がカギを握る
  5. 正社員転換制度における課題(第1回)
閉じる
閉じる
  1. 会議を効率化させる5つのポイント
  2. 「人工知能がヒトの仕事を奪う」という妄想と人材育成について
  3. あなたもパワハラ上司予備軍に?!職場に潜む危険因子とは?
  4. みんな意外と知らない起業のリスク。それは「孤独」ということ
  5. ロジカルシンキングの基本
  6. あなたの職場は本当に大丈夫?もし明日地震が来た時の対策!
  7. 社員の健康管理できていますか。
  8. 中途採用でもポテンシャル採用が広がっている!
  9. 人材育成に行き詰まった時に、参考にしたい本5選
  10. 上司が部下に行うマネジメントで注意したい8つのこと
閉じる

人財ラボ

人事担当者、注目!優秀な人材を採用する方法とは?!

「人材不足」と言われている中、中小企業の方々は採用活動に頭を抱えていることでしょう。優秀な人材は大企業に流れますし、採用に資金や時間を投入するのも限界があります。

したがって、採用に工夫を凝らさないと会社にピッタリな人材は来てくれません。そこで求職者が「面接に行きたい!」と思ってもらえるような採用活動について考えてみましょう。

謙虚な姿勢で採用活動に臨む

通常、採用といえばどういった気持ちで臨むでしょうか?おそらく「うちが雇ってやる」という気持ちも少しはあるでしょう。確かに、社員が入ってきたらおのずと上下関係が出来るでしょう。

ですが、そんな尊大な気持ちで活動していては人が集まりません。大切なのは、「会社に来ていただく」という謙虚な姿勢です。

中小企業にピッタリな人物を探す

大企業と中小企業の特性は根本的に違います。大企業では社員の人数が多く、一人ひとりに与えられる役割は固定化されています。しかし中小企業ではそうはいきません。少ない人数で仕事を回さなければいけないので、一人の社員がさざまざな業務をこなす必要があります。

また、小さな事務所では社員全員と顔を合わせて仕事をしなければなりません。ですから、コミュニケーション能力に問題がある社員が入ると職場の雰囲気は一気に悪くなります。

ということは、「能力優先」で採用するのが正しいとは限らないのです。学歴や職歴をチェックするのは当然ですが、それよりも大事なのは「ウチの会社にピッタリな人材なのか?」ということなのです。会社の雰囲気にすぐに馴染めそうな人、急に仕事が入っても嫌な顔をせず(あるいは多少文句は言っても)こなしてくれる人材を求めるべきなのです。

まとめ

企業の規模や業種によって採用方法は異なります。無理をして大企業と同じ方法をとっても人は来てくれません。自分の会社がどういう所なのかをよく見つめ直し、会社に合った人材を発掘するべきなのです。

自立した社員を育てる仕組みはこちら
https://www.jp-alphanet.com/service

 

関連記事

  1. 新卒一括採用には問題あり。うまく乗り切ろう。

  2. 採用活動の極意とは!?社長・人事担当者のための人材獲得方法

  3. 離職率_減らす_方法

    【人事必見】離職率を確実に減らすために今すぐ実践できる方法

  4. 中途採用でもポテンシャル採用が広がっている!

  5. 人材採用を変える!データ活用の重要性。

  6. 初めての面接官。その質問の要点とは?

おすすめ記事

  1. 正社員転換制度における課題(第1回)
  2. 非正規社員の教育がカギを握る
  3. なぜ、今「セルフ・リーダーシップ」が求められているのか
  4. 社員研修を改革しよう
  5. 内部が不透明な企業は成長しない

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る