閉じる
  1. なぜ、今「セルフ・リーダーシップ」が求められているのか
  2. 正社員転換制度における課題(第1回)
  3. 社員研修を改革しよう
  4. 内部が不透明な企業は成長しない
  5. 非正規社員の教育がカギを握る
閉じる
閉じる
  1. 会議を効率化させる5つのポイント
  2. 「人工知能がヒトの仕事を奪う」という妄想と人材育成について
  3. あなたもパワハラ上司予備軍に?!職場に潜む危険因子とは?
  4. みんな意外と知らない起業のリスク。それは「孤独」ということ
  5. ロジカルシンキングの基本
  6. あなたの職場は本当に大丈夫?もし明日地震が来た時の対策!
  7. 社員の健康管理できていますか。
  8. 中途採用でもポテンシャル採用が広がっている!
  9. 人材育成に行き詰まった時に、参考にしたい本5選
  10. 上司が部下に行うマネジメントで注意したい8つのこと
閉じる

人財ラボ

採用の担当者は大変。学生の気持ちになるためには。

採用担当者は、日頃何に気を付けて活動しているのでしょうか?服装やマナーなどは気を付けてみていきたいところです。
しかし、大変なのは「会社が学生からどう見られているのか」について考える必要があります。

採用担当が気を付けるべきポイント

「ブラック企業」という言葉が誕生してから数年がたちます。企業が従業員を酷使している現状に国民の怒りが向けられているからこそできた言葉なのでしょう。基本的には労働基準法を守っていればブラック企業のレッテルを貼られることはありません。しかし、企業の中には法律ギリギリの雇用環境や、法律の曲解などをして従業員を酷使している企業もあるのです。そのため大変厳しい労働を強いられると「ブラック企業」とのうわさが立ってしまいます。またSNSでのつながりが増えた今、悪い噂もあっという間に広がるようになりました。

ブラック企業まではいかなくても、「あの会社は大変雰囲気が良くない」とか「この会社の業績は大変下がっている」などという噂もよく聞かれます。

学生は見ている。採用担当者は気を付けろ。

採用担当者は学生に行うセミナーもおろそかにできないあたり大変です。以前行われたある企業のセミナーでは、採用担当者が学生の質問に直接答えるというものでしたが、大変な不評に終わってしまいました。セミナーのスタイルは大変良かったのですが、学生と対峙した採用の担当者が「疲れ切った」人だったのです。採用担当者の人選ミスですが、採用活動に対する意識が大変甘かったのではないでしょうか。こんな話は稀だと思いますが、学生が「話が面白い」と思えるような採用の担当者を充てるべきですね。

真面目な社員が良いとは限らないのです。

では、採用担当者は何に意識を振り分ける必要があるのでしょうか。まずは自分の会社について隅から隅まで勉強することです。学生に「どんな会社ですか?」と聞かれたときに採用担当者が即答できないと「この会社、大変なんじゃないか?大丈夫か?」と思われてしまいます。採用担当者は会社のデータや今後の目標などを頭に叩き込んでおきましょう。時には採用担当者自ら熱く語るのも良いと思います。
(採用担当者はあまり感情的にならず、「ウチの会社の業績は○○だ」などと具体的に説明するのも忘れずに!)

採用担当者の心得。圧迫面接はNG。

採用の場でよく行われるのが「圧迫面接」です。採用担当者が敢えて厳しい質問を投げかけ、学生の反応を見ることで性格を知りたいのでしょうが、有益な方法ではありません。

短時間で性格を決めつけること自体大変な問題ですし、それこそ「あの会社の採用担当者は威圧的だった」と大変な速さで広まるかもしれません。誤解を招かないよう注意を払いましょう。気を付けていれば「ブラック企業」と言われる心配はありません。

まとめ

採用活動の際に自社の目線で考えること自体は採用担当者ならやむを得ないかもしれません。

しかし、これから会社を引っ張っていくのは学生(就活の時点)です。

そんな未来の宝である学生の視点も持ち合わせて採用活動に臨むべきではないでしょうか。

 

自立した社員を育てる仕組みはこちら
https://www.jp-alphanet.com/service

 

関連記事

  1. 中小企業が優秀な人材を確保するためにできる3つの方法

  2. 就活うつが治らない。症状と対処法は?

  3. グーグル人事担当者の著書ワーク・ルールズ!に学ぶ採用面接。

  4. 新卒採用で中小企業は苦戦!優秀な人材を獲得するには。

  5. 採用活動の極意とは!?社長・人事担当者のための人材獲得方法

  6. 転職者を雇い入れる時に大事な5つの事

おすすめ記事

  1. 正社員転換制度における課題(第1回)
  2. 非正規社員の教育がカギを握る
  3. なぜ、今「セルフ・リーダーシップ」が求められているのか
  4. 社員研修を改革しよう
  5. 内部が不透明な企業は成長しない

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る