閉じる
  1. 社員研修を改革しよう
  2. 非正規社員の教育がカギを握る
  3. 正社員転換制度における課題(第1回)
  4. なぜ、今「セルフ・リーダーシップ」が求められているのか
  5. 内部が不透明な企業は成長しない
閉じる
閉じる
  1. 会議を効率化させる5つのポイント
  2. 「人工知能がヒトの仕事を奪う」という妄想と人材育成について
  3. あなたもパワハラ上司予備軍に?!職場に潜む危険因子とは?
  4. みんな意外と知らない起業のリスク。それは「孤独」ということ
  5. ロジカルシンキングの基本
  6. あなたの職場は本当に大丈夫?もし明日地震が来た時の対策!
  7. 社員の健康管理できていますか。
  8. 中途採用でもポテンシャル採用が広がっている!
  9. 人材育成に行き詰まった時に、参考にしたい本5選
  10. 上司が部下に行うマネジメントで注意したい8つのこと
閉じる

人財ラボ

自社の強みを見つけるために。店主が気付いていない飲食店の魅力

飲食店の採点HPが大変な人気です。誰もが一度は調べてその飲食店に足を運んだこともあるのではないでしょうか?

高得点をたたき出す飲食店にわざわざ遠いところから訪れるお客様も多いと聞きます。

このようなHPの点数によって利用する飲食店を決めるお客様は多く、点数の低い店舗には見向きもしないといったこともあるようです。

しかし、よく考えれば当たり前なのですが、この採点は絶対ではありません。

このような採点HPで決して高くない点数のお店でも美味しいお店はたくさんありますし、実際に友達などに紹介してみると、とても喜んでもらえる店舗は多いのです。

どうして、このようなことが起きてしまうのでしょうか?

店主が気付いていない自社の強み

ではなぜ優良店に低評価が付き、自社への強みを見つけることができないでいるのでしょうか。そこには店主が気付くべき5つのポイントがあります。

このような5つのポイントにより、「優良店に低評価が付くことがある」ことを知っていただきたいのです。自社には魅力がない、強みがないと嘆くのはまだ早いと言えるでしょう。

主要な顧客層ではないお客様であれば当然、採点は厳しいものになるでしょうし、ターゲット層のお客様であれば、高得点の評価を出すことも可能なはずです。

自社にはまだ強みがあることを知っていただきたいのです。なぜならば、主要なお客様がまだいるはずですから!

人が少なくゆっくりと食べていられる飲食店もその落ち着いた雰囲気が強みになるはずです。自分にとって入りやすい雰囲気だって強みになるはずです。自社の強みに気が付いていないのは店主なのです。

その人一人一人にとって惹きつけられる魅力というものがあるはずです。それこそが自社の強みであり魅力です。その強みを見つけることは簡単ではないでしょうが、飲食店を問わず他の業種においても、アウトレットモールに並ぶ少し古いために一般の店舗に出せない型落ち商品や、食べることには何の不都合もないへこんだ缶詰といったセール品にも需要があるわけです。

そこには自社が気付いていない自社の強みがあるはずです。見つけるチャンスはすぐそこにあります。

自社の強みに気付く必要性

結局のところ自社の強みや魅力を把握していない店主、社長が多く感じられます。

自社の強みを見つけられずに優良な顧客を取りのがしてはいませんか?

大手のチェーン店と自社とを比較し、張り合うようなことにチカラを注いではいませんか?

確かに大手のチェーン店を目指して行きたいという向上心は素晴らしいですが、現状その努力をしていないのであれば、意味はありません。

お客様が自社の商品、飲食店でお食事をされるということはその会社、飲食店には何か「店主や社長が気付いていない自社の強みや魅力」があると考えるべきです。

誰からも高評価を得るためには、誰に対してもいい顔をしていかなければなりません。

しかし、静かなお店を望むお客様と、にぎやかなお店を望むお客様の両立は出来そうですか?

確かに不可能ではないかもしれません。しかしそこには非常な努力を必要とするでしょう。時には無駄な努力となる可能性をも秘めていることも考えるべきです。

まとめ

お客様にしか気づいていない自社の強み、魅力を見つけることで自社の売りを見つけましょう。全てのお客様に満足いただく店舗を作ることには大変な労力が必要なことも忘れてはいけません。

誰を迎え入れたいとお考えでしょうか?

 

実質無料で出来る人財育成はこちら
https://www.jp-alphanet.com/service

関連記事

  1. 「健康経営」で元気な企業に!

  2. それでもあなたは美容師になりますか?

  3. 美容師が独立するためには

  4. サロンでの働き方の変化/過剰サービスからの脱出

  5. 美容院の過当競争を勝ち残れ!!

  6. 美容師の最終的な目標が変わってきた

おすすめ記事

  1. 正社員転換制度における課題(第1回)
  2. 非正規社員の教育がカギを握る
  3. なぜ、今「セルフ・リーダーシップ」が求められているのか
  4. 社員研修を改革しよう
  5. 内部が不透明な企業は成長しない

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る