閉じる
  1. 正社員転換制度における課題(第1回)
  2. 内部が不透明な企業は成長しない
  3. 非正規社員の教育がカギを握る
  4. なぜ、今「セルフ・リーダーシップ」が求められているのか
  5. 社員研修を改革しよう
閉じる
閉じる
  1. 会議を効率化させる5つのポイント
  2. 「人工知能がヒトの仕事を奪う」という妄想と人材育成について
  3. あなたもパワハラ上司予備軍に?!職場に潜む危険因子とは?
  4. みんな意外と知らない起業のリスク。それは「孤独」ということ
  5. ロジカルシンキングの基本
  6. あなたの職場は本当に大丈夫?もし明日地震が来た時の対策!
  7. 社員の健康管理できていますか。
  8. 中途採用でもポテンシャル採用が広がっている!
  9. 人材育成に行き詰まった時に、参考にしたい本5選
  10. 上司が部下に行うマネジメントで注意したい8つのこと
閉じる

人財ラボ

その採用、問題ありませんか?

「採用がなかなか上手くいかない」と悩んでいる人事担当者は多いのではないでしょうか。しかし、よく掘り下げてみると原因は結構見つかるものなのです。今回は採用を上手くする6つのコツについて考えてみます・・・が、それ以前の問題として、現場と人事の噛み合わないといくら採用に精を出してもいい人材はやって来ません。

現場の好き勝手な注文に振り回される人事…という構図は人を採用する際に大きなハンデとなります。こういうケース、多いのではないでしょうか。

実例として、

・現場を知らない人事に、「面接など無駄だ」とばかりに現場へ回す

・労働市場を知らず、採用できそうもない人材を求める現場に逆らえない人事

・社内教育の環境を作りたい人事に、忙しさと即戦力欲しさから反対する現場

などが挙げられます。

こうなると社内体制の整備が疎かになり、採用活動にも真剣に取り組めません。面接の重要さが理解できていませんね。以上を前提としつつ、採用が思うように進んでいない企業の6つの特徴をまとめてみました。

1.分不相応な人を求める

とりわけ、面接に来た求職者に対し、「自分の会社で何がしたいか」「どう成長したいか」「希望職種」などを聞かないような会社です。これは自社の立場が分かっていない証拠で、高いスキルを持つ人材を薄給で雇うなんて事もありえます。良い採用のコツは現場の仕事だけでは掴めません。だから人事と現場のコミュニケーションは欠かせないのですが、人事の立場が弱いことで対等に話が出来なければ情報の共有は難しいでしょう。

高いスキルを持った求職者を薄給で採用したいなら、給与を補うメリット(資格取得・昇進しやすいなど)を提示し理解を得るべきですね。

それが出来ない場合はスキルのある即戦力よりも、社内教育に力を入れて求職者の伸びしろに期待する方がトクです。

2.面接に問題アリ!?

面接で「今まで何をやってこられましたか?」という経験や資格への質問が中心になっていると、社内教育があまりなされず、即戦力しか求めていない姿勢がバレバレです。即戦力ばかり求めて伸びしろを考慮しないようでは、採用した時は良くても近い将来失速します。就くことでのメリットも求職者に伝わらず、内定を断られる可能性だってあるのです。

また「何故、我が社を選ばれたのですか?」のような志望動機に重きを置いている面接官は、「自分が選んでやっているのだ」という傲慢な気持ちで面接をしていませんか?

志望動機は美辞麗句で取り繕っても結局のところ、「たまたま」です。たまたま就職サイトで見た。たまたま勧められた。何となくいい雰囲気だった。実際、志望動機なんてそんなものじゃないでしょうか。

それよりも互いに適性や希望を確認し合う方が有意義だと考えられます。就職・転職サイトをいくら見たところで会社の内側は見えない訳ですし。

さらに、圧迫面接も問題です。もしどうしても圧迫する場面が出るのなら、その後に必ずフォローとして穏便な質問をしましょう。圧迫自体が企業の印象を損なうリスクを抱えていますので、圧迫するだけしてフォローも無し」では間違いなく逃げられます。

3.面接の回数が多い

よく繰り返し面接をする企業がありますが、中途採用であれば4回以上も面接をすると間違いなく断られます。求職者からすれば面接の合間に見限られたり内定が出ないという不安に駆られたりと良いことがないのは明白ですし、そのうち他社からの内定を受けて逃してしまうケースもあり得ます。「何回も会わなければ分からないじゃないか」との声も上がりそうですが、回数より時間を重視し1日2時間程の面接を2回までにまとめれば十分です。

忙しい役職にとってこの調整は大変でしょうが、出来るだけ2回に収めたいものです。

4.良い部分ばかりを伝え、問題点や課題は隠す

 

今の状態、将来の目標、それに向けての課題、目標達成の為取り組んでいる事…。これらは質問されなくても自ら説明するぐらいの心構えでないと相互理解が出来ません。採用したいからといって、長時間残業などの欠点を隠すのは更に問題です。自社のことを過剰に隠匿しているようではせっかく採用してもミスマッチを理由に離れられるのがオチです。

5.合否判定から通知までが遅い

面接から内定までがあまりに長いと内定を蹴られるリスクばかりが高まります。待っているうちに会社への情熱が冷めるからです。「他の希望者も精査したい」「更に望ましい人が来るかもしれない」と考えていても、

最低限の評価基準は設けておきましょう。そもそも面接終了後に内定を出す相手はその日じゅうに決まっているはずです。「合格」は早く連絡しましょう!

6.「我が社にとって君は必要だ」が言えない

人間誰しも認められたいという思いがあります。求職者も例外ではありません。「君を仲間として共に仕事したい」と伝えれば承認欲求は満たされ、内定も喜んで受け取ってくれます。しかし、採用に難がある会社はその手の表現が出来ておらず、内定を出しても蹴られてしまうのです。ここまで解説してきましたが、それでも採用は難しいです。こればかりは経験とノウハウがものを言いますね。

まとめ

採用活動は営業や恋愛と変わりません。面接を受けにきた求職者にどれだけアピールできるかにかかっていると言えるでしょう。

 

自立した社員を育てる仕組みはこちら

https://www.jp-alphanet.com/service

 

関連記事

  1. 人材探しに職務記述書を活用する

  2. 採用活動の極意とは!?社長・人事担当者のための人材獲得方法

  3. 今ほどミドル人材が必要とされている時代はない

  4. ベンチャー企業が今すぐ取り入れたい人材募集方法を3つ紹介

  5. 採用コストをかけたくない企業にリファラル採用がおすすめの理由。事…

  6. 新卒一括採用には問題あり。うまく乗り切ろう。

おすすめ記事

  1. 正社員転換制度における課題(第1回)
  2. 非正規社員の教育がカギを握る
  3. なぜ、今「セルフ・リーダーシップ」が求められているのか
  4. 社員研修を改革しよう
  5. 内部が不透明な企業は成長しない

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る